カーライフ[2019.12.02 UP]


車酔いに効果がある飲み物と飲むタイミングは?車酔いに効果がある食べ物についても併せてご紹介

車酔いに効果がある飲み物と飲むタイミングは?車酔いに効果がある食べ物についても併せてご紹介グーネット編集チーム

ドライブを楽しんでいる最中や、仕事で車を運転している場面で気持ちが悪くなってしまうというケースは珍しくありません。

そこで、今回は酔い止め薬以外で車酔いを予防できる飲み物や食べ物について紹介します。


車酔いに効果がある飲み物とは?


車酔いに効果が期待できる飲み物として、生姜を入れたジンジャーティーや生姜湯のほか、ペパーミントティーが挙げられます。

ペパーミントティーは、胃の不快感を緩和する作用が期待でき、生姜を使ったドリンクは気持ち悪さを軽減する効果が期待できるなど、車酔いを予防する作用が期待できる飲み物です。生姜はショウガオールやジンゲロールなどの栄養素が含まれており、吐き気の抑制や消化を促進する作用が期待できます。

また、生姜については飲み物をとしてだけではなくシロップやハチミツ漬け、すりおろしたものなど自分好みの味を楽しめることが魅力です。車酔いに効果が期待できる飲み物を適度に飲みながらドライブを楽しみましょう。


飲むタイミングにも注意!車酔いを予防する飲み方

飲むタイミングにも注意!車酔いを予防する飲み方グーネット編集チーム

車酔いに効果が期待できる飲み物を飲む際には、タイミングを意識する必要があります。車に乗る前に生姜湯やジンジャーティーを飲み、車に乗ってからは生姜のハチミツ漬けや生姜の飴を食べる方法も有効です。また、炭酸水も有効と言われており、自律神経を整える作用や胃腸の機能を整える効果が期待できます。そのため、車を運転している際の水分補給に炭酸水を用いるのも良いでしょう。

ただし、柑橘系のフルーツは胃の働きを活発にするので、車酔いが悪化する可能性がある点に注意しましょう。車酔いは、疲労や睡眠不足、空腹や満腹状態であるといった、体調によっても影響します。普段は不摂生であっても車に乗る前には、規則正しい生活習慣に戻し、体を締め付けないようにゆとりのある服を着用することもポイントです。


車酔いに効果がある食べ物も覚えておこう


車酔いに効果があり、手軽に食べられるものとして、飴やチョコレートなどが挙げられます。飴やチョコレートで血糖値を上昇させることで脳が活性化して、車酔いを予防できることが特徴です。さらに、血糖値を上昇させるだけでなく、眠気を予防できるため事故防止にもつながります。


梅干しも効果的


他にも梅干しが効果的ですが、梅干しをそのままパックして持っていく方法では食べにくいため、コンビニで販売されている干し梅のお菓子を食べるのが良いでしょう。

車酔いの原因は、基本的に三半規管がバランスを崩し、正常に機能しなくなることによって起こります。そのため、三半規管を正常な状態にするために唾液の分泌を促すことがポイントです。
梅干しを含め、酸っぱい食べ物には唾液の分泌を促進したり、胸の不快感を緩和したりする効果が期待できます。

また、車酔いは胃が活発に動くことにより症状が悪化する可能性もあるため、日頃問題なく食べている食べ物でも、車に乗る直前に食べてしまうと車酔いを引き起こすものもあるので注意しましょう。
例えば、乳製品や卵、油物など消化に悪い食材は食べないようにします。


乗車前に食べるもの


乗車前にご飯を食べる場合には、うどんやおかゆがおすすめです。葉物類の野菜は胃に負担がかかりにくく消化に良いので、車酔いの緩和に直接つながらなかったとしても車酔いを予防する効果が期待できます。
空腹状態や満腹状態でも車酔いを引き起こすことがあるので、適度な量の食べ物は食べておくようにしましょう。


まとめ


車酔いには、唾液を分泌させ胃の不快感を解消するも食べ物や飲み物がおすすめです。特にミントや生姜を使ったものは気分もスッキリするので、車を運転する際には常備しておくのも良いでしょう。
また、空腹や満腹といった状態も車酔いを起こしやすくなるので、注意が必要です。



関連情報


運転渋滞レジャー