乙武洋匡「義足で歩きたいとは思わない」…それでも“義足プロジェクト”に参加した理由
脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMの番組「Dream HEART」。11月16日(土)の放送は、乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)さんをゲストにお迎えしました。

乙武洋匡さん



早稲田大学在学中に「五体不満足」を出版し、600万部を超えるベストセラーを記録した乙武さん。卒業後はスポーツライターや教員、東京都教育委員などを経験し、現在は執筆、講演活動のほか、インターネットテレビ「AbemaTV」のニュース番組「AbemaPrime」のMCとしても活躍しています。11月1日(金)には、最新技術を搭載した義足を用いて歩行に挑戦する「義足プロジェクト」の全容を追った著書「四肢奮迅」(講談社)を刊行しました。

◆義足を使いこなせるようになったとしても…
茂木:3歳ぐらいまで、義足を使おうと試みたことがあった乙武さん。子どものときは義足が嫌で、使わない生活を選ばれたわけじゃないですか。今の姿で普通学級に行き、ずっと歩まれてきたわけですよね?

乙武:はい、そうですね。

茂木:そのなかで、今回あえて「義足プロジェクト」に向き合ったのは、どんな思いからですか?

乙武:「乙武さんも、実はやっぱり歩きたいっていう思いがあったんですね」と、誤解をされることが多いんですけれども。
正直なところを言うと、私自身“歩きたい”という思いを、そんなに抱いてきたわけではなかったし、今、一生懸命トレーニングしていますけども、このプロジェクトがある程度成功して、私が義足を使いこなせるようになったとしても、おそらく私の生活のベースは電動車椅子のままだと思うんです。

茂木:使いこなしてらっしゃるし、便利なわけですもんね。

乙武:そうなんですよ。3歳の頃から40年間、これで生活をしているので。正直、ハードなトレーニングを積んで、義足で歩けるようになりたいという個人としての願望はないんですよね。

茂木:自己肯定感とおっしゃいましたけどこの車椅子での生活が、完全に馴染んでいらっしゃいますもんね。

乙武:そうですね。私の足代わりとして一心同体で生活してきたので。自分からは、“二本足で歩けるようになりたい”とは、思わなかったんですね。

◆「義足プロジェクト」に参加した理由
茂木:今回、「乙武義足プロジェクト」に参加したきっかけは?

乙武:今回のプロジェクトリーダーである(義足エンジニアの)遠藤謙さんが声をかけてくださいました。これまでの技術では、私が子どものころに難しかったように、両足とも膝から上がない方が義足で歩けるようになるというのは、ちょっと難しかったんです。それが、彼が開発した最新式のモーターを組み込むことによって、両膝がない方でも歩けるようになるかもしれないと。そういう技術が生まれてきたんです。

私は生まれつきの障がいなので、“自分の足で歩けるようになりたい”という思いは強くないけれど、やはり中途障がいで、事故や病気で足を失った方のなかには、“もう一度、自分の足で歩きたい”という思いを抱いている方が非常に多くいらっしゃると。遠藤さんから「そういう方々に、“新しい技術、新しいロボット義足が出てきましたよ”と広く伝えていくには、やはり乙武さんのような、名前の知られた方が取り組んでくださるということが大事なので、ぜひ力を貸してください」と言っていただきました。

茂木:遠藤さんはMIT(マサチューセッツ工科大学)で研究されていて。そのときの先生が「障がいっていうのは、技術が足りないからだ」というようなお考えの方だったんですよね。

乙武:そうですね。ヒュー・ハー教授という方で、ご自身も両足のない方なんですね。すごくユーモアのある方らしくて、健常者の学生たちに対して「お前らの足は、年々歳をとって老化していくだろ? 俺の足は年々進化していくんだ」とおっしゃるくらい、ユーモアのある方らしいんですけれども。

世の中にある障がいというのは、その人が抱えているんじゃなくて、それを補うためのテクノロジーがまだ生まれていないだけなんだ、と定義されているんですね。遠藤さんも、ハー教授のお考えに強く共鳴をしていて、スタスタと歩けるような義足が開発されれば、“足がない”ということが障がいにならないと。

目が悪い方が眼鏡をかければ障がい者ではなくなるように、足がない方も義足をつけることで障がい者ではなくなる、そういう未来を築きたいという思いに私も賛同させていただき、今回のプロジェクトに参加させていただいています。

<番組概要>
番組名:Dream Heart
放送日時:毎週土曜 22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dreamheart/