賀来賢人「口には出さないけど、わかり合っているみたいな…」“理想の夫婦像”を語る
俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。11月18日(月)~11月19日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークや番組スタッフによる街頭インタビュー企画を行いました。

パーソナリティの賀来賢人



◆安心感と空気感
11月18日(月)の放送では、“いい夫婦の日(11月22日)”に入籍予定という女性クラブ会員からのメッセージを紹介。

<クラブ会員からのメッセージ>
「高校3年生からお付き合いをしてきた彼氏がいます。高校を卒業すると、彼は大学、私は専門学校に進学して、会う時間が減ってしまいました。

ある日、別れ話を切り出したところ、彼は真剣な顔で『俺はお前のことがずっと好きだ。会う時間が減ったなら、今すぐ大学を辞めてもいい』と言われたとき、それまで軽い気持ちで付き合っていましたが、すごく好きになりました。

それからお互い就職し、7年目の付き合った記念日に彼からプロポーズされ、すぐにオーケーしました。“ずっといい夫婦でいよう”という意味を込めて、11月22日に入籍します! 会長(※本番組での賀来の呼称)、何かアドバイスがあれば教えてください」(女性 会社員)

このメッセージに「いや~、いい話じゃない! この彼氏、カッコイイですね、一途で。男気がありますね。こんなこと言われたら“コロッ”といっちゃいますよ」と感想を口にします。

そして、“理想の夫婦像”については、「お互いに自立していて、家族で一緒にいる空間がすごくリラックスしているのが理想かな。いつまでもイチャイチャしている夫婦は珍しいでしょうから(笑)」と話します。

さらに「結局、“安心感”だと思うんですよね。見ていて“この夫婦いいな~!”と思う空気があるじゃないですか。お互い口には出さないけど、わかり合っているみたいな。そういう“空気感”が出ているのが理想というか、見ていていいコンビだなと思います」とコメント。

最後に、「でも、夫婦って難しいですよね。他人同士が“家族”になるということですから。もちろんお互い努力も必要ですし、分かち合うことは分かち合って、合わない部分は合わないでしょうから、お互いどう歩み寄っていくかが、大変さでもあり、幸せなことでもあると思う」と話していました。

◆街ゆく夫婦にインタビュー!
11月19日(火)の放送では、“いい夫婦の日”にちなみ、番組スタッフが街ゆく“いい夫婦”にインタビューした模様をお届けしました。

今回、話を聞いたのは26歳の同い年夫婦。結婚して8ヵ月の新婚さんです。

お互いの第一印象について、旦那さんが「かわいい!」と即答するも、奥さんは「全然タイプではなかったかな」と笑います。旦那さんからデートに誘うも、「けっこう無視していましたね(笑)」と打ち明ける奥さん。それでも心折れることなく何度もアプローチし、ようやくデートにこぎつけたのだとか。

しかし、プロポーズは奥さんからで、「この人と“結婚”って考えていなかったんですよね。でも“この人に何かあったらどうしよう”って思っちゃって……気づいたら口から出ていました」と振り返っていました。

そんな2人が入籍したのは、3月22日。奥さんは、「2人とも記念日を忘れがちなので、毎年、桜が咲くころに“そろそろ結婚した時期だね”って思い出せたらいいなと思って、その日にしました」と明かしました。

2人の話を聴き、「素敵な夫婦ですね。“桜が咲くころに結婚したことを思い出す”って、すごく洒落ているよね。しかも、女性からプロポーズするパターンもあるんですね。奥さんのほうがすごくしっかりしてそう。女性がしっかりしたほうが、きっとうまくいくと思いますよ。これからも素敵な夫婦でいてほしい」と話していました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/