乙武洋匡の「自己肯定感」を育んだ“両親の教え”とは?
脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMの番組「Dream HEART」。11月16日(土)の放送は、乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)さんをゲストにお迎えしました。

乙武洋匡さん



早稲田大学在学中に「五体不満足」を出版し、600万部を超えるベストセラーを記録した乙武さん。卒業後はスポーツライターや教員、東京都教育委員などを経験し、現在は執筆、講演活動のほか、インターネットテレビ「AbemaTV」のニュース番組「AbemaPrime」のMCとしても活躍しています。11月1日(金)には、最新技術を搭載した義足を用いて歩行に挑戦する「義足プロジェクト」の全容を追った著書「四肢奮迅」(講談社)を刊行しました。

◆知らなかった事実、改めてわかったことがあった
茂木:著書「四肢奮迅」は写真もいろいろあったり、乙武さんの全著作リストがあったり。これはある種、エポックメイキング(画期的)な本ですね。

乙武:そうですね。実は(この本を書く前に)、私が生まれてから小学校3年生ぐらいまでの“成長の記録”を撮り溜めていた映像が発掘されて。

茂木:それは「五体不満足」のときは知らなかったんですよね?

乙武:はい。それを見たら、私も知らなかった事実や改めてわかったことが、けっこうあったんです。なので、「五体不満足」には盛り込めていなかった幼少期のエピソードもあります。

実は3歳ぐらいまで義足の練習をしていたことがあって。今回の本は義足について書いているので、そういうエピソードが中心ではあるのですが。当時の母の想いなども含め、一章まるまる使って書きました。

茂木:今回、「義足プロジェクト」をクラウドファンディングされて、大変注目を集めていますね。そもそも、3歳ぐらいまで義足を使おうとしていたことを我々も認識していなくて。そのあたりのエピソードが読み応えありますね。

乙武:自分が生まれた約43年前は、障害者に対する認識・意識というのは、今ほど高いものではありませんでした。当然、街中のバリアフリーも進んでいるわけではないので、車椅子で生活をすることに、今、我々が感じている以上の困難を予想していたんです。

そういうこともあって、当時周りにいた大人は“義足を付けて歩くことができたら”という思いを持ってくれていたと思うんです。しかし、私のように両足のみならず、両手もない子どもを歩かせるのは、当時の技術を用いた義足では難しかったんです。それで3歳の頃に義足を断念し、今乗っている電動車椅子に切り替えたという経緯があったんです。

◆褒めて育ててもらえた
茂木:乙武さんのお母さんは、乙武さんが生まれてから1ヵ月間、会うことができなかったんですよね。実際に会ったときに、お母さんが初めて言った言葉は?

乙武:「可愛い」と言ってくれたんですね。

茂木:お母さんとしては、手足はないんだけど、その乙武さんでいいと。素敵なエピソードですね。

乙武:そうですね。今回の「義足プロジェクト」に限らず、これまでいろんなチャレンジをさせていただいてきて、よく言われるのが「乙武さんは、どうしてそんなに強いんですか?」とか、「次から次へと、何でもやってみようという気持ちになれるんですか?」と。

それはやっぱり、私のなかで自己肯定感というものが強く育まれてきたからなのかなと思うんですね。それについて、以前、母と話をしたことがあるんですけれども。私が生まれたときに、父も母も私が“どう育っていくのか”というのは、皆目検討がつかなかった。もっと言えば、“一生寝たきりかもしれない”と覚悟はしていたそうなんです。

だからこそ、“一生寝たきりかもしれない”と思っていた子が、自分で寝返りを打った、自分で起き上がって座れるようになった、歩き出した、ご飯を食べた、字を書いた……何をやっても、寝たきりがベースにあるのでプラス評価だったそうなんです。だから「よく、こんなことができるようになったね」と、褒めてあげることができた、と。

これは、母が話していたことなんですけど、多くのお子さんは、親が最低限願う“五体満足で生まれてきてくれたら……”という願いを満たして生まれてきているのに、「勉強ができない」とか、「他の子と比べて○○ができない」というふうに、減点主義で育ててしまっていることが多いので、どうしても自己肯定感が育みにくいんじゃないのかなと。

私の場合は、そういった意味で、何かできるたびに「よくできるようになったね!」と褒めて育ててもらえたというのは、非常に大きかったのかなと思います。

<番組概要>
番組名:Dream Heart
放送日時:毎週土曜 22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dreamheart/