欅坂46 小林由依&松田里奈、期を超えたペアグラビアで『月刊エンタメ』表紙に登場

30日(土)発売の『月刊エンタメ』1月号に欅坂46から小林由依と松田里奈が表紙&巻頭グラビアで初登場する。
初の選抜制となる9thシングル、初の東京ドーム公演など今年も大きく話題を呼び躍進してきた欅坂46。その中でも期は異なるものの同い年として交友を深める小林由依と松田里奈が、今回表紙と巻頭グラビアに登場。

今回のテーマは「気になるあの子」。9thシングルでのポジションも隣同士の2人が、少しづつ縮まる距離をみずみずしく表現している。撮影時に収録したインタビューの一部を、『月刊エンタメ』掲載のグラビアカットとともに公開する。

     *     *     *
──今回の撮影は同い年である2人の撮影でした。

松田 小林さんと撮影があると聞いたとき、すごくうれしくて本当に楽しみでした!

小林 私も二期生と撮影する機会がまだそんなになくて、一緒に撮影したいと思っていたのでうれしかったです。

──そもそもお互いの第一印象はどんな感じでしたか?

松田 同い年っていうのは知っていたんですけど、そう見えなくて。小林さんは大人っぽくてクールなお姉さんって感じです。

小林 あんまりキャピキャピしてないのでそう思われるかもしれないです(笑)。私は、会う前は同い年の子が入ってくるんだなってうれしかったですし、会ってからも、いつも笑顔で本当にいい子だなとびっくりしました。

──2人で喋ることも多いですか?

小林 そうですね。今回のフォーメーションが隣同士なのでよく話します。私は話すことがあんまり得意じゃないんですけど、まつりちゃんは話を弾ませてくれるし楽しいです。

松田 私もすごくお話したいと思ってたので、話しかけられたときはうれしくて会話を続けたくなっちゃうんだと思います(笑)。小林さんはワードセンスがすごく面白いし、よくいろんなことに対してツッコんでいて。それが本当にツボなんです(笑)。TAKAHIRO先生にもツッコんでることがあって。

小林 全然覚えてない(笑)。

(インタビューの完全版は『月刊エンタメ』1月号をご覧ください)
▽小林由依(こばやし・ゆい)
1999年10月23日生まれ、埼玉県出身。A型。162センチ。一期生。ニックネームは「ゆいぽん」。

▽松田里奈(まつだ・りな)
1999年10月13日生まれ、宮崎県出身。O型。158.5センチ。二期生。ニックネームは「まつり」。
月刊エンタメ
▽『月刊エンタメ』1月号
定価:850円
Amazonはこちらから
セブンネット【特典あり】はこちらから
セブンネット【特典なし】はこちらから
楽天ブックスはこちらから
HMV&BOOKS オンライン【特典あり】はこちらから