「魔女は三百路から」4巻

原田重光原作による松本救助「魔女は三百路から」4巻が、本日11月29日に発売。これを記念し、「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」の有栖川帝統役などで知られる野津山幸宏による“口説かれ動画”が公開された。

ヤングアニマル(白泉社)にて連載中の「魔女は三百路から」は、現代を生きる300歳の魔女・黒川御影の日常を描いたコメディ。4巻には御影の勤める会社のイケメン新入社員・小林悟と、典型的なダメンズである小説家・村上純一とのエピソードが収録されている。小林の前世は高杉晋作、村上の前世は太宰治で、それぞれ御影と因縁を持っていたキャラクターだ。野津山は動画内で小林と村上の2役を担当し、作中のシーンを演じている。

また野津山の直筆サイン色紙が当たるTwitterキャンペーンを、本日から12月5日まで実施。野津山の動画を閲覧し、小林と村上のどちらに惹かれたかを投票しよう。参加方法は「魔女は三百路から」の作品ページにて確認を。