ダイバーシティ東京プラザに登場した巨大仕掛け時計「ドラえもんタイムスクエア」

 藤子・F・不二雄さんのマンガ「ドラえもん」が誕生50周年を迎えることを記念して、東京・台場のダイバーシティ東京プラザに設置される巨大仕掛け時計「ドラえもんタイムスクエア presented by 水と生きるサントリー」が11月29日、お披露目された。

 ドラえもんタイムスクエアは、高さ約3.8メートル、幅約4メートルのカラクリ時計。七つのスクエア(四角)が積み重なった作りになっており、上部にはドラえもんをモチーフにした時計が設置されている。壁面は、ひみつ道具をテーマにしたレリーフや、ドラえもんがこちらをのぞいているデザインのレンガなどがあしらわれている。カラクリ時計の両サイドには、ドラえもんやのび太、しずかがベンチに座ったオブジェが設置されている。

 時計は、正時になると、テレビアニメの主題歌である星野源さんの「ドラえもん」が流れる。中央のカーテンが開き、ひみつ道具・ムードもりあげ楽団が登場し、演奏をしているような動きが楽しめる。両サイドの画面ではアニメーションが流れる。ひみつ道具・ころばし屋が登場する仕掛けもある。午前10時~午後6時はアップテンポな音楽に合わせたカラクリが楽しめ、午後7~11時はムーディーな楽曲に合わせたカラクリとなる。

 ダイバーシティ東京プラザでは、12月1日に「ドラえもん」の初となるオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」がオープンする。