浅井健一、天井知らずの可能性を感じさせる3ピースのバイブス

浅井健一が、2019年11月19日、東京・マイナビBLITZ赤坂にて、”浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS”として駆け抜けた「BLOOD SHIFT TOUR 2019」のツアーファイナル公演を開催した。今回のツアーは、浅井健一名義としては5年ぶりにリリースされたアルバム『BLOOD SHIFT』を携えての全国20ヶ所を回る大規模なツアーとなった。

会場内では、バンド名が書かれたバックドロップが暗いステージ上に赤く照らされており、グッズのTシャツを身につけた観客たちは待ちきれない表情。場内が暗転すると、会場から「ベンジー!(浅井健一の愛称)」と名を叫ぶ声が響き渡る。「Colorful Elephant」でライブがスタート。続けて「ハロー東京、レッツパーティ!」の言葉とともに「Vinegar」のイントロの軽快なドラムが響くと、浅井もステージ中央に移動して客に見せつけるようにキレの良いリフを刻む。パーマがかかった茶髪が顔にかかってグレッジを弾く姿には、ロックスターの色気が感じられた。「今日は来てくれてありがとね、朝まで騒ぐぞ」。そう言って始まる「Watching TV」では、ステージ上で3人の演奏の一体感あるグルーブが感じられ、客も身体を揺らしてノリ始めると「Watching TV!!」と叫び会場が一つになった。続けて「OLD PUNX VIDEO」、BLANKEY JET CITY(以下、BJC)時代楽曲の「DERRINGER」が続く。観客の揺れと拳の上がり具合が一気に跳ね上がり、浅井が絶叫する瞬間、一気に振り切れた興奮状態に包まれた。



浅井によるバンドメンバーの紹介が終わると、「HARUKAZE」、「Very War」を立て続けに披露。最新アルバム『BLOOD SHIFT』に収録されたDVDについて少し触れると、「DVDの中でジャムって色々な曲やってるんだけど、その中から1曲未完成なんだけどやってみるね」と、ミディアムバラードな未発表曲を演奏。「目を閉じる映画」では、浅井の指弾きでグレッジのまろやかなサウンドが、まぶたの裏に浮かんでくる映像世界をより豊かに感じさせた。また、BJC時代からの往年の名曲「べピン」を披露。「愛してた あいつのこと」と、哀愁漂うグランジロックの曲にファンからも歓声が上がる。ステージの中心でずっしりと構えてギターを弾く姿からはBJC時代から変わらないロックスターの貫禄をこれでもかと見せつけられた。「見た事もない鳥」では危険だと言わんばかりの赤と白に激しく点滅したステージで激しく頭を揺らし、「暗いブルーは暗いブルーさ」では曲中に「スーパーベーシスト中尾憲太郎のベースソロを聴いてみようぜ」とベースソロが始まる。激しく歪んだベースの衝撃はものすごく、その上に小林瞳の勢いのあるドラムと浅井のソリッドなギターが重なり、激しく盛り上がっていく3人のグルーブ。今年の夏に観た「INDIAN SUMMER QUATTRO GIGS」ツアー公演から、今回のツアーを経てより濃密なグルーブになってきたことが感じられる。



終盤になると、原曲よりもかなりBPMの早い「METALLIC MERCEDES」。近年の音楽ではあまり見られない、ロカビリー感と少しの近未来感があるグランジロックを目にする。「懐かしい曲やるわ」と間髪入れずに「赤いタンバリン」へ。最新シングル曲「METALLIC MERCEDES」からの往年の名曲「赤いタンバリン」の流れに会場も大いに盛り上がった。BJC時代から現在までの間、浅井はその世界観を30年以上の間、どんどん進化させている。その勢いを殺す事なく「Beautiful Death」が続き、浅井が深々と頭を下げて退場し本編終了。

アンコールでは、「ツアー最後だし何か喋ろうか。喋るの下手なんだけどさ」とトークのコーナー。「Old Love Bullet Gun」、「MOTOR CITY」を続けて披露し、まだまだ飛ばしていく。「PUNKY BAD HIP」ではイントロから観衆が前に詰め寄り会場前方ではモッシュが起こるほどの熱狂ぶり。それを真っ向から感じるようにギターソロでは観衆をずっとじっと眺め続ける浅井の姿が印象的だった。クールでソリッドなギタープレイを弾きながら観衆をここまで跳ねさせるロックができるのは、浅井だけかもしれない。



会場の照明がついて曲が流れ始めて終演かと思いきや、まさかのWアンコールに応える浅井。そして、BJC時代の名曲「SKUNK」を披露し、まだまだ会場を盛り上げる。会場から「マジかよ」という声まで聞こえてくるほどのサービスっぷり。最後まで失速しないどころか、速度と熱量を上げ続けてライブは終了した。

最新アルバム『BLOOD SHIFT』は、THE INTERCHANGE KILLSや元BJCの照井利幸、SHERBETSのベーシスト仲田憲市など幾人かのメンバーが参加して作り上げられたアルバム。タイトル通り、彼らと浅井の血が混ざり合って生まれてきた楽曲を携えてきた今回のアルバムは、今まで多くなかったメジャーコードの明るい曲調(「目覚める時」、「暗いブルーは暗いブルーさ」など)を収録するなど、新たな試みが多かった。それらの楽曲もライブ本編の各所に散りばめつつ、ソロ作品やBJC時代の名曲も含まれたライブは、これまでの音楽活動の中で生み出してきた過去作品の血も混ざった濃密な時間に感じられた。これまでと違う一面を見せつつも、会場を浅井健一のロックで沸かせることには変わりはない。ソロ名義の曲もBJC時代の名曲も、惜しみなく披露していく姿は、過去も現在も抱えたまま、これからより新たな魅力を生み出していく可能性を痛感させられた、そんなライブだった。


<ライブ情報>

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS
「BLOOD SHIFT TOUR 2019」

=セットリスト=
1. Colorful Elephant
2. Vinegar
3. 目覚める時
4. Watching TV
5. OLD PUNX VIDEO
6. DERRINGER
7. HARUKAZE
8. Very War
9. (未発表曲)
10. Sunny Precious
11. 目を閉じる映画
12. DEAD FISH
13. だからってさ
14. べピン
15. 見た事もない鳥
16. 暗いブルーは暗いブルーさ
17. METALLIC MERCEDES
18. 赤いタンバリン
19. Beautiful Death

ENCORE
1. Old Love Bullet Gun
2. MOTOR CITY
3. PUNKY BAD HIP
4. DEVIL

ENCORE 2
1. SKUNK


<ライブ情報>
浅井健一& THE INTERCHANGE KILLS
SEXY STONES RECORDS 20th ANNIVERSARY『KILLS CORE』

2019年2月8日(土)渋谷WWW X
時間:OPEN 17:30 / START 18:30 
TICKET 5000円(税込・ドリンク代別)
オフィシャルHPチケット先行:2019年11月19日(火)21:00 ~ 2019年12月1日(日)23:59
チケット一般発売日:12月21日(土)
https://eplus.jp/atiksingle20core-hp/

SEXY STONES RECORDS 20th ANNIVERSARY『KILLS MORE』

2019年3月14日(土)高崎club FLEEZ
2019年3月15日(日)甲府KAZOO HALL
2019年3月20日(金祝)小倉FUSE
2019年3月21日(土)長崎DRUM Be-7
2019年3月28日(土)岡山IMAGE
2019年3月29日(日)京都MUSE

オフィシャルHPチケット先行:2019年11月19日(火)21:00 ~ 2019年12月1日(日)23:59
チケット一般発売日:1月25日(土)
https://eplus.jp/atiksingle20more-hp/