マデオン、全米1位のアルバムを引っさげ7年ぶりの単独来日公演が決定

フランス出身の気鋭プロデューサー、ユーゴー・ピエール・ルクレールことマデオンの来日公演が2020年1月に東京・大阪で開催される。

2015年に弱冠20歳でリリースしたデビュー・アルバム『アドヴェンチャー』で注目を集め、今年11月には全米ダンス/エレクトロニック・アルバム・チャート1位を獲得した、約4年ぶりの2ndアルバム『グッド・フェイス』をリリースしたマデオン。2017年2月には、盟友ポーター・ロビンソンとのコラボ曲「シェルター」と『シェルター:ザ・コンプリート・エディション』を引っさげ一夜限りの来日公演を行っているが、単独公演としては実に7年ぶりの来日となる。



来日公演の詳細は以下の通り。チケットは12月14日に一般発売がスタートする。


<来日公演情報>

MADEON JAPAN POSTER&FLYER.jpg

Madeon

東京公演
日時:2020年1月16日(木) OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京・マイナビ BLITZ 赤坂

大阪公演
日時:2020年1月17日(金) OPEN 18:30 / START 19:30
会場:大阪・Zepp Namba

料金:1F立見 ¥7,500 / 2F指定 ¥8,500 (各1D代別途)
チケット一般発売日:12月14日(土) AM10:00〜
企画・制作・招聘:クリエイティブマンプロダクション