新橋サイファーに潜入

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。11月23日は、ラップでストレスを発散している人が集まる新橋サイファーに潜入。新橋サラリーマンの悲哀とは!?

スタッフが訪れたのは、新橋駅から徒歩3分の飲食店街の路上。そこには4~5人が輪になってラップをしているグループが。ラップの内容を聞くと、「俺はラッパー課長 中間管理職でやってるぜ 上と下との板挟み 家では挟む洗濯バサミ」という内容に、マツコは「冒頭1分で心が痛み始めてる」と不安な様子。

ラッパー課長の隣にいる新橋サイファーの主催者29歳の男性に話を聞こうとするとラッパー課長が話を割って入ってくるので、マツコは「お前黙ってろ!」と一喝。とにかく前に出てくるラッパー課長は大手IT企業の課長で、千葉Dと同じ43歳だそうで、マツコの提案でラッパー課長VS千葉Dのラップ対決をすることに。その後も、システムエンジニアVS輸送機器メーカー営業、外資系ITマーケティング担当VS大手電機メーカー営業など、ラップ対決を通じてサラリーマンのお小遣い事情や、会社での不平、不満が明らかになる。

最近ではサラリーマンがフリースタイルでのラップバトルを繰り広げる「ビジネスマンラップトーナメント」というものも開催されており、新橋サイファーから、これまで多くの優勝者を輩出しているそうで、その優勝者も今回の中継に参加する。