皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、自分の両親、祖母と四世代同居の40代女性。ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんがアドバイスします。

◆実は、株式投資で350万円の損失があります
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。

今回の相談者は、自分の両親、祖母と四世代同居をする40代の女性。堅実に貯蓄しながらも株式投資の損失を抱え、夫は欲しいものは借金をしても買いたい派のため、今後の暮らしに不安を感じるというお悩みです。ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんがアドバイスします。

◇相談者
かずよ。さん(仮名)
女性/パート/41歳
関西/両親と同居

◇家族構成
夫(会社員・40代)、子ども3人(9歳~3歳)、両親、祖母

◇相談内容
私の両親と同居をしています。親に生活費として月に6万円渡していますが、水道・電気・光熱費は払ってくれています。夫はボーナスがなく、私は寸志でいただく程度です。

昨年、夫が以前から欲しがっていた新車を購入。夫は結婚前から「欲しいものはローンを組んででも買う」派でしたが、もともと貯金大好き、ローン大嫌いな私が家計を管理することで「使ったつもり貯金」「使う前に貯金」を繰り返し、車を買う時点では1000万円を貯めることができました。

いまは親と同居しているため貯金できましたが、夫の会社はボーナスがありませんし、退職金も300万円ぐらいだと思います。人生100年、ましてや子どもが3人いて、今後どうやったらお金を増やしていくことができるのか頭を悩ませています。

夫との仲も正直よくないので、離婚となったときのためにも、夫婦の資産と自分の資産を少しでも増やしたいと毎日もやもやしています。

◇家計収支データ
相談者「かずよ。」さんの家計収支データ

◇家計データ補足
(1) 住宅について
相談者コメント「今後も同居は続けます。古い家なので建て替えは必至ですが、両親の全額負担という話になっています。ですが、次の子どもたちの世代に向けて住宅用の貯金もしていきたいと思っています」

(2)保険について
[夫]
・積立利率変動型終身保険(満額〈267万円〉解約は2027年)=払い済み
・終身保険(死亡保障200万×2口)=払い済み
・終身保険(2025年6月まで払うと解約金もプラス)=毎月の保険料5万5570円
・県民共済(入院1日1万円)=毎月の保険料5000円

[妻]
・県民共済(入院1日5000円)=毎月の保険料3000円
・養老保険(2043年解約だと450万×2口)=払い済み

[子ども]
・県民共済(入院1日5000円)=毎月の保険料1000円×3人

(3)毎月の貯蓄について
内訳は、財形貯蓄 2万円、確定拠出年金(夫)1万5000円、(妻)5000円、子ども用3万円。毎月の黒字分3~4万円は、子どもの給食費や学年費(2人で年間約20万円)、車の保険料と税金(夫:税金5万円、保険料5万円、妻:税金7000円、保険料4万円)のために別途プールしている。

(4)各費目の内訳
車両費→ガソリン代 夫1万円、妻5000円
通信費→固定電話とインターネット、携帯電話=妻・夫・祖母で7000円。妻はガラケー、夫と祖母はキッズ携帯での契約など
教育費→語学5000円、習い事3人で2万1000円、幼稚園1万5000円

(5)投資について
相談者コメント「大きな声では言えませんが、結婚前に自分で貯めていた貯金が1000万円になったので、子ども2人を受取人にした生命保険に加入しました(投資目的もあり)。その一方、株に手を出して500万の元金で始めましたがギャンブルのようにのめりこんでしまい、買っては損切を繰り返し現在はマイナス350万円です」

(6)子どもの進路、お金について
進路は、1番上:公立小→公立中→公立高→専門学校(自宅通学)、2番目の子ども:公立小→公立中→公立高→専門学校もしくは短大、3番目の子ども:公立小→公立中→公立高→専門学校もしくは短大を想定している。

月1万円の児童手当は、それぞれ5000円は学資保険、5000円は普通預金として貯蓄。生まれたとき、両親からそれぞれに120万円の学資保険をプレゼントされた。そのほか、お祝いでもらったお金は、すべてその子名義で貯金。高校を卒業するまでに、それぞれ200万円は貯めることができる予定。

◇ファイナンシャル・プランナー藤川太の3つのアドバイス
アドバイス1:大家族は家計的にはメリット大。要注意は建て替え資金
アドバイス2:貯蓄性保険が有効なら上手に活用を。ただし掛け過ぎはリスクあり
アドバイス3:株はすべて売却してリスタートを

◆アドバイス1:大家族は家計的にはメリット大。要注意は建て替え資金
かずよ。さん家族とご両親、お祖母さまの四世代が同居していらっしゃるのは、家計にとっては大きなプラスです。家計調査年報を見ても、世帯人数が多くなるほど一人当たりの生活費は低くなります。

同居率が高い地域は、共働き率や貯蓄率も高くなるなど家計管理の面ではプラスに働く可能性が大。かずよ。さんの場合も家族5人暮らしだったら、この支出で暮らすのは難しいはずです。

もちろん、リスクがないわけではありません。それは、ご両親の健康と資産です。ご両親が健康なうちは問題ありませんが、介護が必要になったときどうするのか、自宅の建て替え資金はいくら準備されているのかといったことを、機会を見つけてご両親と話し合っておいてください。

介護費用はご両親の年金や資産の範囲内で行うのが基本ですから、年金額や資産額を知っておくことも重要です。準備されている建て替え資金が少なければ、かずよ。さんの家計からも支出する必要が生じるかもしれません。

実の親子でもお金の話はしにくいものですが、“こんなはずではなかった”ということにならないよう、きちんとコミュニケーションをとっておきましょう。

◆アドバイス2:貯蓄性保険が有効なら上手に活用を。ただし掛け過ぎはリスクあり
確かに貯蓄は少ないですが、だからといってお金が貯まっていないわけではありません。

解約時期などの制限はあるものの、ご夫婦合わせれば1500万円以上の貯蓄性保険が払い済みになっていますし、現在も児童手当の全額を貯め、貯蓄性保険の保険料を5万円以上払っています。収入から見れば十分優秀な貯蓄率といえますが、保険を使っての貯蓄はお金の流動性がありません。

保険で貯蓄を確保するのは合理的ではないのでファイナンシャル・プランナーとしてはあまり勧めたくありませんが、散財癖があるご主人からお金を守るための方策と考えれば有効かもしれません。

注意したいのは、教育費が必要なタイミングで現金を用意できるかということ。満期の時期を正しく把握し、途中解約が必要な場合は解約返戻金を試算してもらい、できるだけ不利にならないよう、またすべてを解約するのではなく、部分解約をして取り崩していきましょう

◆アドバイス3:株はすべて売却してリ・スタートを
株式運用で大きく損失を出しているとのこと、この際、思い切って売却することをおすすめします。投資をするうえで必要なのは、失ったお金は見ない、取り戻そうと思わないこと。そのうえで、今後どうするかを考えましょう。

そもそも、投資はじっくり成果が積みあがるものです。風がフォローのときはしっかり帆に受けて進み増やしていく、逆風のときは帆をおろしてできるだけ被害を受けないようにする。これを繰り返して資産を増やしていくのです。

運に任せた投資は、かなり高い確率で損失を出します。持ち続けているとのめり込んでしまいますから、いったん売却してリセットし、頭を冷やすのです。

現金化して株のことが頭から離れた状態で、改めて何を買うか考えてみてください。基本的にはあまりマーケットを気にしなくていい、国際分散投資で長期的に運用するのがいいでしょう。株式運用をしていた人から見るとつまらないと思うかもしれませんが、損失を出しにくくするためには必要なことなのです。

◆相談者「かずよ。」さんより寄せられた感想
ありがとうございますm(_ _)m。もっと早くマネープランクリニック様にご相談すればよかったと後悔しております。手元の貯金が少ないので、その点を改善していきたいと思いました。

株の損失は確定している損失を取り戻すのは厳しいと思いますが、のめり込み過ぎていて時間を無駄にしていると感じていたところですので、塩漬けで長い目で見ていきたいです。

教えてくれたのは……藤川太さん

All About「資産運用」ガイド。「家計の見直し相談センター」で10年以上にわたり、1万5000世帯を超える家計の見直しを行ってきたFP。「普通の人」でもお金を貯める・増やせるようになる方法をアドバイスしています。

取材・文:鈴木弥生

文=あるじゃん 編集部