EVではない!マセラティが新たに発表するのはV8 エンジン搭載のスポーツカー?

マセラティは、ブランドを代表するグランツーリスモの生産を終了し、次のステップへと向かっている。

自動車業界は全体としてEV化が進められているが、それと並びSUVにも力を入れている。環境に優しく持続可能な車を生産することを世界は重要視しているのだ。しかし、マセラティはガソリンエンジンだからこそのサウンドやドライビングフィールを忘れてはいけない、と提示している。

それを表すように、カモフラージュ柄に身を包んだスポーツカーの姿がキャッチされた。2020年中頃に全貌が明らかになる予定だというが、まだ名前は付けられていない。



V8 エンジンが搭載されることは分かっているが、実際にどのようなパワートレインが搭載されるのか具体的なことは公表されていない。しかし、マセラティによると、この1台に搭載されるものは新時代の幕開けにもなるという。見たところによると、ベースはアルファロメオ 4Cであることが予想される。これまでにマセラティが積み上げてきた技術やデータベースを最大限に活用して開発が進められていくそうだ。

時代の流れに逆らって登場する新星は、車文化の流れを変える存在となるであろうか。楽しみにしよう。