寛一郎、沢村一樹

木村拓哉が主演を務める日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第6話が、11月24日に放送される。

本作は、木村演じる型破りなフランス料理シェフ・尾花夏樹が、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。木村のほかに、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らが出演している。

先週放送された第5話で尾花は、フードフェスに出店して「グランメゾン東京」をアピールすることに。当初は閑古鳥が鳴いていたが、インターネットでの評判で大盛況となる。しかし、江藤(手塚とおる)の妨害で営業を中止しなければならなくなってしまう。そんな中、ホテルを辞めて尾花の手伝いをするようになった祥平(玉森)が、3年前にパリの「エスコフィユ」で起きた“ナッツ混入事件”の犯人は自分だと告白する。

<第6話あらすじ>
祥平(玉森)が丹後(尾上)のいるgakuに入ったことを知り、戸惑う京野(沢村)と相沢(及川)。しかし、尾花(木村)は強力なライバルの出現を楽しんでいるかのようだった。そんな中、今年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われることに決定。それを聞いた尾花は、日本が誇る食資源の代表格である“魚”の料理を開発し直すことを決めた。その頃、丹後と祥平も魚料理の新メニューに取り組んでいた。

一方、グランメゾン東京のスタッフに栞奈(中村アン)が志願し加わることに。着々とチームが出来上がる中、江藤(手塚)から金を受け取って内部情報を流していた芹田(寛一郎)はただ一人、取り残された気持ちになっていた。いつまでも料理を作らせてもらえない怒りから、芹田は店を辞めると告げる。暗雲漂う中、グランメゾン東京は、果たして新メニューを完成させることができるのか!?