(@kitaro_cos)

中国生まれのコスプレイヤーである綺太郎が、11月4日に都内で行われた第2回「チャリティー撮影会」に出演。鈴木央氏のマンガ『七つの大罪』より、エリザベスのコスプレを披露した。

同撮影会は、アニメ制作会社「京都アニメーション」や日本赤十字社、動物愛護団体への支援金を集めることを目的としたイベント。全3部から構成される撮影会の内、綺太郎は1部とラストの部に出演した。

撮影会の途中で行われた報道陣向けの取材で綺太郎は「日本でこのような機会に参加できることを非常に嬉しく思っています」と思いを吐露。「スタッフのみなさん、そして撮影に来ていただいたみなさん、ありがとうございます。今後もコスプレのこういった活動に、参加していきたいと思っています」と今後の展望も口にした。

マイナビニュースでは、「チャリティー撮影会」の様子を数回にわたって紹介。今回は、1部に出演した際の綺太郎をフォトレポートで紹介する。