ユアン・マクレガー「長年のスター・ウォーズ再演に関する嘘は、気まずかった」と明かす

ユアン・マクレガーは、米人気トーク番組『エレンの部屋』に出演し、『スター・ウォーズ』再演について何年も嘘をついていたのは「気まずかった」と告白した。

米トーク番組『エレンの部屋』に出演したユアン・マクレガーは、ゲスト司会者のホーウィー・マンデルに『スター・ウォーズ』への再演と映画『ドクター・スリープ』について語った。

ここ数年、オビ=ワン・ケノービ役で『スター・ウォーズ』に復帰することについてささやかな嘘をついてきたことと、演技との違いをユアン・マクレガーは強調した。米現地時間10月29日火曜日、トーク番組『エレンの部屋』にゲストとして登場したマクレガーは、「(嘘をついてもお金はもらえないけど)演技したらお金がもらえる」と皮肉を飛ばした。さらに、『スター・ウォーズ』再演について質問されるごとに嘘をつかなければならず、気まずい思いをしていたことを明かした。

同番組のゲスト司会者でコメディアンのホーウィー・マンデルは、『スター・ウォーズ』再演についてマクレガーが嘘をついていたのは、カメラが回っていない場所でも演技をしていたからにすぎない、と指摘した。それに対し、マクレガーはそれこそが「嘘をついていたことなんだ」と述べた。

「映画スタジオやシリーズ関係者は何から何まで徹底的に秘密にしたがるから、難しい。もちろん、そういう気持ちはわかるけど」とマクレガーは語った。「でも、いつも『また出演しますか? 復帰しますよね?』と言われる身としては……それに、シリーズの話をしているのに、再演が決まったことも言えなかった。だから、4年くらいずっと『そうだね、オビ=ワン・ケノービとして喜んで復帰したいよ。制作側がその気なら——いまは連絡待ちってとこかな』と言い続けるのは……気まずかった」

その後、マクレガーとマンデルは11月8日に全米公開を控えたマクレガー主演の映画『ドクター・スリープ』(日本では11月29日公開予定)にインスパイアされたゲームを楽しんだ。同作はスティーヴン・キングによる2013年の同名の小説を原作としており、『シャイニング』の続編でもある。マクレガーは、オーバールック・ホテルでの惨劇で心に傷を抱えたまま成長したダニー・トランスを演じている。人気絵本シリーズ、『ドクター・スース』にちなんで”ホートンが屋根裏で物音を聞くゲーム”と命名されたゲームで、マクレガーとマンデルはフリップを使いながら表示される本のタイトルがキングの作品か子供向けの本かを当てあった。どうやら、なかなか難しいゲームだったようだ。