ドラマ「死役所」でニシ川役を演じる女優の松本まりかさん(C)「死役所」製作委員会

 ドラマ「ホリデイラブ」(テレビ朝日系)で、さまざまな手段で他人の夫を奪い取ろうとする不倫妻・井筒里奈を演じて、「あざと可愛い」と注目を集めた女優の松本まりかさん(35)。「奪い愛、夏」(AbemaTV)の空野杏役や、“月9”ドラマ「シャーロック」(フジテレビ系)の未亡人役でのゲスト出演など、数々の作品でのエキセントリックな役どころから、“怪演女優”と呼ばれることも多い。今クールでは、あずみきしさんの人気マンガを実写化したドラマ「死役所」(テレビ東京系、水曜深夜0時12分)にレギュラー出演。口元のほくろが特徴的なニシ川役で出演し、SNSでは「原作に忠実に再現されている」などと話題になっている。ドラマを手がける倉地雄大プロデューサーに話を聞くと、松本さんのストイックな女優魂が見えてきた。

 ◇“笑顔なし”のニシ川役に起用したワケ

 ドラマは、あの世の「シ役所」を舞台に、シ役所「総合案内」で働く職員・シ村(松岡さん)が、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃(いんぎん)無礼な態度で対応する姿を描くエンターテインメント作。20歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった、天真らんまんな女子大生の三樹ミチルを黒島結菜さん、「生活事故死課」の職員・ハヤシを清原翔さん、「他殺課」職員・イシ間をでんでんさんが演じている。

 松本さん演じるニシ川は、生前は美容師だった「自殺課」の職員。美人だが笑顔はなく、口が悪い。口元のほくろが特徴的で、「仕事はできる」と評されている。シ村とは仲良く見えるが、他人には一切興味がない……という役どころだ。

 ドラマが始まる前に、松本さんは、ニシ川の「ファン」と明かしながら、「原作のニシ川のファンの方もたくさんいらっしゃると思うので、『どう演じればいいのか?』という思いでプレッシャーに押し潰されそうになりました……その分とてもやりがいがあります!」とコメントしていた。

 松本さんとは、今年1月期に放送された「神酒クリニックで乾杯を」(BSテレ東)以来、2回目のタッグとなる倉地プロデューサー。松本さんの印象について聞くと、「役に対してすごくストイックにやっていらっしゃっていて、ここまで役作りをされる役者さんってなかなかいない」と驚くほどだったといい、「ドラマ本編に登場しない部分の、その役の“余白”を徹底的に埋めてくれる女優さん」と表現する。

 原作マンガの中でも、ニシ川の“過去”はそれほど描かれていないため、「薄くもなってしまう危惧もある」ニシ川という役。倉地プロデューサーは、「ミステリアスな部分を一番残したい」と考え、「余白が多いニシ川という役を、松本さんなら自分のものにして演じていただけるなと思った」と振り返る。

 また、「松本さんは『あざと可愛い』が代名詞で、『怪演』というのがよく出てくる。これまでにやっているような役じゃない役を僕は見てみたいと思っていて。ご本人は『自分からかけ離れた役』と言っていらっしゃいましたけど、どんなふうになるのかを見たかった」と松本さんのキャスティング理由について明かす。

 ◇初回メーク打ち合わせに3時間 “ミリ単位”のこだわり

 ドラマの会見で、松本さんは、「原作の中でも、ものすごい強烈なビジュアルとキャラクターのイメージの強い役だと思っているので、それを私の(今日の)この感じになるまでにすごく作り込みました」と話していた。倉地プロデューサーによると、松本さんは、髪形やメークを何回も調整したといい、「僕らもこだわりますけど、ご本人のこだわりもすごかった。原作と台本を読んで、『ニシ川って役は必ず近づけないといけない』というある種の嗅覚が働く女優さんってすごいなと脱帽しました」と話す。

 ホクロの位置も“キメ”があるといい、「ちょっとずれてもダメ」というこだわりぶり。また、アイラインも「ミリ単位」で調整した。「最初のメーク打ち合わせは、通常は、女優さんは1時間くらいなんですけど、(松本さんは)3時間ぐらいメークされていました。僕らもびっくりするくらい長くやっていた(笑い)」と振り返る。担当メークと「原作にどう寄せたらいいのか」を検証していたといい、「僕らがただこだわりたいだけではこだわれない領域というか。松本さんご本人の心意気もないとたどりつけない域というか……」と感謝する。

 黒髪のボブスタイルといった髪形も、「3、4回(調整した)」といい、「かつらなんですけど、美容室で切ってもらったりもした」と明かす。「そのストイックさは、ニシ川役に実は一番必要だったことなんだろうなと思ってみると、松本さんにお願いしてよかった」と話す。

 ◇撮影現場の松本まりかは「毎日必ず……」

 そんなストイックな姿勢を見せる松本さんの撮影現場での様子を聞いてみると、倉地プロデューサーは、「すごく真面目に役と向き合っていただいていて。ご自分の(原作)マンガを毎日現場に全巻持ってきてらして、すっと読めるようにしていた」と明かす。また、松本さんから「このセリフは、もっとこうした方がいいんじゃないですか」など提案もあったといい、「原作(のセリフ)を書き出して、『こうなっていたからこうです』と(説明していた)」と振り返る。

 松本さんについて、「“プロ”って言葉が正しいかわからないですが、集中力と、この役と向き合うという深さがすごい」と話す倉地プロデューサー。撮影では、監督の「カット」がかかり撮影が止まると、松本さんは「必ずモニターを見にいく」といい、「モニターを見て、『あ、こうなんだ』ってそれを把握して、次に行く」と明かす。女優としては、「(役を)作っていくタイプ」といい、「原作の読み込みとか、役に対して髪形をこうしたいとか、(撮影に)入る前から役に対してどう作っていくというのをすごく考えてくださる役者さん」と話す。

 “怪演”と称されることが多い松本さんだが、倉地プロデューサーは、「『えっ、この役(ニシ川)を松本さんがやっているの』とか、つぶやかれているのを見ると、やったなと思いますね」と手応えを感じている。「死役所」のニシ川をはじめ、これからも松本さんが見せる演技に期待したい。