収録はむつみ荘で行われた

山里亮太(南海キャンディーズ)、春日俊彰(オードリー)、佐藤栞里がMCを務める『この家住めば都ですか?』が、11月24日(日)16時からフジテレビ(関東ローカル)で放送される。春日がかつて住んでいた「むつみ荘」で収録が行われ、結婚したばかりの山里と春日が新生活を赤裸々に語る。

街で目にする、“一風変わった”“変な”お宅に突撃取材し、住人の方に「家へのこだわり」「住み続ける理由」などを伺い、家と住人の歴史を紐解いていく知的好奇心を満たすドキュメントバラエティ。

山里は妻の女優・蒼井優への“疑念”を告白。「2人で食卓を囲んでいるときに、ふと、もしかして、彼女はこの後、映画でブサイクな男と結婚する妻の役を演じることが決まっていて、その役作りのために自分と結婚したんじゃないか?」と今でも不安を感じることがあると明かす。

春日はおよそ20年間暮らしたむつみ荘は風呂もなく、夏は暑く冬は寒い、隙間風も入るが居心地が良く何の不自由もない、まさに住めば都だった、と語るのだが、新妻と住む新居が、むつみ荘とは真逆の、夏は涼しくて冬は暖かい、隙間風も入らない整理整頓された状態であることにいまだになじめないと言う。そんなむつみ荘だが、ネタにもなるし、そもそもむつみ荘を撮影したいからという理由がセットで、春日に仕事が来るのだとか。春日は一番稼いだのはむつみ荘で、むつみ荘のおかげで今のブレークもあると語る。また、初めてむつみ荘を訪れた佐藤は「今日は聖地巡礼の気持ちです。憧れの、テレビで見ていた春日さんのむつみ荘に入ることができた!」と感動する。

登場する物件は以下の通り。

物件1「謎のもじゃもじゃハウス」
千葉県にある壁一面にツタが生い茂る謎の家……果たして人は暮らしているのだろうか? 中はどうなっているのだろうか? 突撃取材で見えてきた意外な草ボーボーハウスの“効果”とは?

物件2「衝撃……清水寺みたいな家」
藤沢市にある京都の清水寺のような造りの家。崖に建っており、一見すると家にすら見えない。現在住んでいる夫婦に突撃取材をしてみると……再現困難の伝統技法が駆使された超本格的な家だった! そしてそこには亡き父の意外な思いが込められていた……。

物件3「驚がく……川の上に建つ家」
神奈川県横須賀市にある川の上に建つ家々が。家の下にはなんと、魚の姿も見受けられる。その中に1軒だけ、美容室を営む女性がいた。老朽して傾いてしまっているこの家だが、なぜ川の上に暮らし続けるのか? 取材をすると住人女性の生きざまが見えてきた。