映画「シグナル100」のメインカット(C)2020「シグナル100」製作委員会

 女優の橋本環奈さんの主演映画「シグナル100」(竹葉リサ監督、2020年1月24日公開)の場面写真が11月19日、公開された。映画は、ある日、担任教師によって自殺催眠をかけられた36人の生徒たちを描く物語。公開された写真には、自殺催眠によるデスゲームの首謀者である担任教師・下部(中村獅童さん)と真っ向から対峙(たいじ)する樫村怜奈(橋本さん)やクラスメートの様子などが写し出されている。

 映画は、宮月新さんが原作、近藤しぐれさんが作画を手がけたマンガ誌「ヤングアニマル」(白泉社)に掲載されたマンガが原作。36人の生徒たちが、遅刻や電話、涙を流すなど100の行為をすると、教師に自殺したくなる催眠をかけられる。死の暗示を解く方法はクラスメートの死のみ。やがて生き残りを懸けた壮絶なデスレースが発展していく……という展開。

 公開されたのは、中村さんに対峙する橋本さんの写真のほか、止まらない自殺の連鎖により、惨劇の現場となってしまった教室で生徒たちがぼうぜんと立ち尽くす様子などを収めたカット、小関裕太さん演じる榊蒼汰が、倒れた仲間を抱えて激しく叫ぶシーンやひそかに思いを寄せる樫村(橋本さん)の危機に身をていしてかばおうとする場面も写し出されている。

 また、怪しげなビンを手に不敵な笑みを浮かべる瀬戸利樹さん、慌てふためいた表情の栗原類さんのほか、若月佑美さん、恒松祐里さんらの写真も公開された。