松岡昌宏、城島茂、よしこ、高良健吾、まひる、長瀬智也、国分太一

高良健吾とガンバレルーヤ(よしこ、まひる)が、11月20日に放送される『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00~)にゲスト出演する。

TOKIOのメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティ番組。

ゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれたことがないであろう質問をTOKIOがぶつけていく「高良とガンバレルーヤの生まれて初めて聞かれました」からスタート。

TOKIOからの質問に、NGなしで答えなければならない3人。国分太一から「合コンをするなら誰を呼ぶ?」と質問がとぶと、これまで一度も合コンへ参加したことがないというまひるは「今日、人生で初めての合コンを体験させてもらえませんか?」と懇願する。

そこで、独身の松岡昌宏、長瀬智也、高良、そしてガンバレルーヤの3対2の合コンがスタート。酒を一杯飲んできた設定のよしこが積極的に合コンをリード。乾杯前に「席替えしましょう」と持ちかけ、よしこが男性陣一人ひとりの顔を凝視すると、10月9日放送回に出演した際に、よしこのおでこにキスしていた長瀬が「俺、一回キスしているからドギマギする!」と照れる一幕も。

また、自己紹介タイムではまひるが「チェリーガールです。今日はこの中の誰かに女性にしてもらいたいなと思います」と衝撃発言。さらに横に座っている人へ「愛している」と言って照れた人が負けという“愛しているゲーム”という合コンらしいゲームをやることになり……。ガンバレルーヤがやりたい放題の大暴走! さらに因縁のよしこと長瀬の修羅場が勃発し、抱腹絶倒の合コンが繰り広げられる。

また、「オバケ信じてます?」という質問では、それぞれが経験した心霊体験をトーク。高良の本気のエピソードでは『TOKIOカケル』のスタジオとは思えない雰囲気になると、国分が「この企画の趣旨は“面白い話聞かせて”ってことなの」、松岡は「違う特番ができるよ!」など次々にツッコみ、一気に和やかなムードに。

一方、「最近まで事故物件に住んでいた」というガンバレルーヤも鳥肌がたつ体験談を明かすが、なぜかよしこはビートたけしのモノマネを披露することになり……。

収録を終えた高良は「正直、めちゃくちゃ緊張しました。かなり緊張して脇汗でびっちょびちょです(笑)」と回顧。まひるは「緊張したんですけど、合コンの時に高良さんがすごくリードしてくださったので本当に楽しめました。高良さんの包み込むような雰囲気に、このまますべて奪われちゃいたいと思いました(笑)」と明かすと、よしこも「わかるなぁ~! この人、そういうとこあるのよね!」とニヤリ。

よしこは2回目の出演になるが、「気まずかったですね。やっぱり1回目に出たときにキスしてるんで……。前回の時は新鮮な気持ちでしたが、今回は元カレに会うみたいな気まずさがありましたね。だから1回目の収録よりもドキドキしちゃいました」と振り返った。

よしこに2人へ収録のアドバイスをしたのか問うと、「してないです。1回目の時に何もつかんだ気はしなかったので、アドバイスはできなかったですね」といい、「しかも、今回は高良さんが“お互い、ここはつぶし合いだから”って宣戦布告してきて、“いや、ここは助け合わなきゃ!”と話したんですけど。どうも高良さんは殺気立っていましたね(笑)」とエピソードを披露。そんな暴露に高良は「よしこ、ここはつぶし合いだから(笑)」といい、よしこも「案の定、動物のような扱いをされましたね(笑)」と同意した。

また、合コン企画についてよしこは「長瀬さんもイケメンですけど、高良さんも目を付けていた方なので席を決めるときもどっちにいこうか、最後まで悩んでました。そしたらまーちゃん(まひる)が“よっちゃんは長瀬さんに愛してるよって言われて、高良さんに愛してるよって言ったら?”と席を決めてくれて。まーちゃんが心遣いしてくれました」とニッコリ。

一方、まひるは「私は今日まで松岡さんはノーマークだったんですけど……。今日の収録で恋しちゃいました」と告白。それを受けて高良が「すごい優しい方だったもんね」と同意すると、まひるも「はい……すごくドキドキしちゃいました!」と打ち明けた。

さらにTOKIOの印象を聞くと、高良は「皆さん優しかったですね。常にフォローしてくださって盛り上げてくださいました」といい、まひるも「TOKIOの皆さんの優しさに助けられました」と感謝していた。