連続ドラマ「同期のサクラ」第7話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第7話が11月20日、放送される。同話には、女優の梅沢昌代さんらがゲスト出演する。予告映像では、サクラ(高畑さん)が倒れた柊作(津嘉山正種さん)に、必死に声を掛ける姿のほか、蓮太郎(岡山天音さん)がサクラたちに、1級建築士の試験に受かったことを報告。さらに「付き合っている人がいる」と語るシーンなどが収められている。

 2019年11月、サクラの病室には、黒川(椎名桔平さん)が訪れていた。黒川は、眠り続けるサクラに「こんなことになったのは俺のせいかもな」と語りかけていた。

 2015年11月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま、社会人7年目を迎えていた。ふるさとの島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父の柊作と共に橋の完成を楽しみにしていた。しかし、なぜか最近「橋は架からない」という不吉な夢ばかり見て、不安を感じていた……。

 ある日、サクラは、人事部長から常務に出世した黒川から「島に架かる橋に問題が起きた」と突然呼び出される。サクラを待っていたのは黒川と土木部の葵(新田真剣佑さん)と、かつてサクラと衝突した土木部の担当役員・桑原(丸山智己さん)。黒川は、橋の着工後、想定より地盤が弱いことが判明し、完璧を期すのであれば基礎を予定より深く打ち込まなくてはいけないと説明。サクラは、今の深さでも安全基準はクリアしているため問題はないが、島民の間に不安が広がっているため、島の出身者として現地の説明会で住民を説得してほしいと頼まれる。

 島での住民説明会を控えた前日。サクラのふるさとを見ようと同行した同期たちと共に、島の建設予定地に立ったサクラは感慨深げな表情を見せる。しかし、葵だけは複雑な表情を浮かべる。その後、サクラと同期たちは柊作の家へ。柊作は、サクラと同期たちで話が盛り上がっている姿を見て、ホッとする。サクラが席を外すと、柊作は同期たちに怖い顔で迫りながら“ある頼み事”をする。翌日、実家を出たサクラは、葵から橋の工事について、あることに気づいたと打ち明けられる……というストーリー。

 ドラマは、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。“バカ正直”でそんたく知らずの主人公・サクラと同期社員たちの10年間を描く。