世界最強の4WDマシン スポーツカー黄金時代 5

16年ぶりに復活したR32スカイラインGT-Rは、心臓部に直6ツインターボのRB26DETT型を搭載。カタログ上の最高出力は自主規制いっぱいの280psだが、実際には300psオーバーともいわれた名機だ。



また、駆動系に走行状況によって前後輪のトルクを0対100から50対50まで適切に配分するアテーサE-TSを組み合わせることで、圧倒的なパフォーマンスを実現した。


掲載:ハチマルヒーロー 2013年 11月号 vol.23(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)