伝説の『11・20』から四半世紀、女子プロレスブーム到来の予兆とともに今こそ平成の対抗戦ブームを総括する

1994年11月20日。現状、女子プロレス界にとって「最初で最後の東京ドーム大会」となる『憧夢超女大戦』が開催された。今年でちょうど25年。じつに四半世紀が経過したが、あの日のことはいまだに多くのプロレスファンが「いろんな意味ですごい興行だった」と語り草にしているほど。まさに「伝説の一夜」だったのである。

今年の10月、ブシロードが人気女子プロレス団体・スターダムを事業譲渡によりグループ傘下に入れたことを発表。ブシロードといえば、一時期、人気低迷に陥っていた新日本プロレスを東京ドームで2DAYS興行を開催できるまでにV字回復させた実績があり、すでに来年1月からTOKYO MXとBS日テレでスターダムのレギュラー番組をスタートさせることも公表されている。

ひょっとしたら、2020年に令和初の女子プロレスブームが巻き起こり、近い将来、あの東京ドーム大会が「最初で最後」ではなくなるかもしれない。アイドル的な人気を誇る女子プロレスラーを多数、抱えているスターダムだけに、一般メディアへの露出が増えれば、人気が爆発する可能性大。プロレス業界のみならず、アイドル業界にも、なんらかの影響を及ぼすことになるかもしれない。

そんなタイミングで四半世紀前の伝説を検証する本が出版される。タイトルはそのままズバリ『憧夢超女大戦 25年目の真実』(彩図社・刊、11月27日発売)。著者はももいろクローバーZの公式記者として知られ、当サイト「ENTAME next」でもHKT48のレポートなどを中心に精力的に執筆している小島和宏氏。すっかりアイドルの専門家のイメージがついてしまったが、もともとは『週刊プロレス』で女子プロレス担当記者を務め、東京ドーム開催時には北斗晶の番記者として最前線で取材をしていた。なぜ、25年目の今年、この本を出版することになったのか? 詳しく聞いてみた。

     *     *     *

──なぜ、今回『憧夢超女大戦』について書き下ろしたんですか?

小島 もともと僕が立案した企画ではないんですよ。今年のあたまから平成初期を回顧するプロレス本の話をいくつかいただいていて、まぁ、平成が終わる前に出版しましょう、という流れで、僕が11年前に出版した『ぼくの週プロ青春記』もそのタイミングで文庫されたりしているんですけど、その時期はいろいろアイドル関連の仕事が詰まっていたんですよね。ももクロが黒部市で『春の一大事』を開催したり、横浜スタジアムで指原莉乃の卒業コンサートがあったり。だから、すぐには書けませんよ、と返事をしたんですけど『じゃあ、おもいっきり時期をズラして、11月20日前後に出しませんか?』と編集サイドから提案されて、それならやりましょうか、と。

──いまでも女子プロレスとは関わりがあるんですか?

小島 そうですね。ももクロが大きなコンサートを開催するときに、開演前に隣接した会場でプロレスを無料で見られるようにしていた時期があって。そのときもブッキングのお手伝いをしたり、中野サンプラザでブル中野&神取忍がももクロとトークショーを開催したときには、メンバーに女子プロレスを教える役割で一緒にステージに立たせてもらいました。あと2年前に紫雷イオ(現・WWE)が写真集を出したときにも、いろいろと携わらせていただいたりして、いまでもなにげに後楽園ホールに足を運んでいますね。もっともアイドルのコンサートとスケジュールが被りまくるので、なかなか行けないんですけど。

──そうだったんですね。ならば、今回の本にも現役の選手がたくさん出てきてもいいんじゃないか、と思うんですけど、基本的に当時のフロント陣のみですよね? 全女の広報部長だったロッシー小川さん、JWPの社長だった山本雅俊さん、LLPWの女社長と選手を兼任していた風間ルミさん。

小島 当初のプランでは、かなり多くの現役レスラーにもインタビューをする予定だったんですけど、現役というところがなにげにネックなんですよ。今、参戦している団体との関わりもあって、なかなか話せないこともあるじゃないですか? 最初にフロント陣の取材をはじめたんですけど、みんな本音で話してくれるから、各方面に忖度したレスラーたちのコメントが入ってもおかしいかなぁ~、と。なによりもフロント陣のインタビューの取れ高がハンパなかったんですよ。みんな3時間以上も話してくれて。

──1時間半の取材を2回?

小島 いや、1回で3時間オーバー(笑)。僕もいろんな取材を経験してきて、こういう取材って、まぁ、1時間半から2時間が限界だな、とわかってはいたんですよ。それ以上やっても集中力が続かなくなるので、一旦、打ち切って別日にやり直したほうが効率はいい。ところが今回はみんなノンストップで語りまくってくれたんですね。25年も前の話、いや、この本では平成元年から振りかえっているので30年以上前の話も出てくるので、最初は記憶も曖昧なんだけど、話しているうちにどんどん鮮明になってきて、最終的にはまるで昨日のことを話しているような感覚になった。めちゃくちゃ面白かったし、それがこの本に息吹を与えてくれましたね。

──ひとつの事象に関して、各団体のフロント陣に確認をとっているんですけど、ところどころで意見が食い違っているのが、なんともナマナマしいです。

小島 まぁ、それぞれの立場から見れば、それぞれの『真実』があるってことですよね。基本的で『あの人はこう言ってましたけど、どうですか?』という質問はしない、というのが今回、取材をする上での基本ルールでした。反論に反論が重なって、最終的に真実とはかなり遠いところに着地しかねないので。だから、みなさん、ゲラチェックの段階で「えっ、こんなことを言っていたの?」と他団体の主張に驚いてました。でも、だからといって、その部分を直してほしいと言ってくる方はいなかったですね。自分の考えとは違うけど、その人にとっては、おそらく、それが「真実」なんだから、と。ちゃんと通して読んでいただくと、たしかに食い違いが出てくる部分もあるんですけど、なぜ、そうなったのかという背景も見えてくる。東京ドームの真実、というよりも、そこに至るまでの各団体のやりとりがこの本の肝になっていると思います。

──いまだから話せる、というエピソードは多かったですよね。「控室に飛び交う札束」とか「癒着」「騙し討ち」「暴行トラブル」「絶縁」……キーワードだけ抜き出したら、とても平成の女子プロレスの本とは思えませんよ!

小島 そういうことが積み重なって、東京ドーム当日には各団体の信頼関係はほとんどなくなってしまって、ついには試合前のバックステージでとんでもない「事件」まで起こる。平成元年を起点としたドキュメントとしては、本当に短い期間を切り取ったものになるんですけど、後楽園ホールすら埋められなくなった女子プロレス業界が、ひょんなことから再浮上し、対抗戦ブームで東京ドームまでたどりつき、そこからわずか数年で全女が倒産してしまう……こんなウソみたいな話、ありますか? 僕はまさにその時期を最前線で取材してきたので、ある意味、裏も表も知ってはいるんですけど、経営にタッチしていたフロント陣は、さらに「その裏」までも知っている。いまになって「なるほどなぁ~」と思うことがたくさんありましたね。当時、女子プロレスを観ていた方であれば、かなり楽しめるかと思いますよ。しかもリング上の美しい記憶はけっして汚れない内容ですから。

──たしかに読後感は悪くないです。

小島 あとは歴史の再評価ではないですけど、なぜか、この東京ドーム大会ってネット上ではすごい悪者にされているんですよ。あの興行をやったばかりに女子プロレスブームは終わったとか、ね。まるでこの東京ドームが「女子プロレス最後の日」だったような論評もあるんですけど、実際には1996年ぐらいまではブームの余韻は続いているんですよ。たしかにバブルは弾けたけれど、即、終了ではなかった。そういう「アフタードーム」の真実も含めて、この一冊で再評価というか、再確認を出来たらな、という想いはあります。

──この本の出版に合わせるようにして、ブシロードが女子プロレス界に進出。東京ドーム以来のブームの予感がします。

小島 本当に偶然なんですよ。そもそも、この本は平成のうちに世に出るはずだったんですから。でも、書いているうちにあのニュースが流れたことで、ちょっと救われましたね。もう二度と女子プロレスブームは来ない、となったら、この本って女子プロレスの墓標みたく見えてしまうじゃないですか? でも、ひょっとしたら近い将来、令和の女子プロレスブームが到来するかも? と思うだけで、この本の出口が明るいものになる。隠し味としては、この本の取材をしている時期って、ロッシー小川氏がブシロードと絶賛話し合い中だったんですよ、おそらく。それを隠しつつ、いろんなことを語っている。なんなら、女子プロレス界の未来にも言及しているというのは、なかなか面白いポイントかな、と。

──FMW女子からは工藤めぐみさん、そしてシャーク土屋さんが登場しています。

小島 当時のフロント陣がいなくなってしまったので、ここはもう工藤めぐみしかいないかな、と。僕も結構、内側まで食い込んで取材していたので、ある程度は代弁できるけれど、最終的な部分は工藤さんに語ってもらおう、と。ただ、対抗戦時代の幕開けとなった『大田区体育館乱入事件』に関しては、どの関係者も「聞いていなかったし、なにも知らない」と口を揃えたので、じゃあ、実際に乱入したシャーク土屋に話を聞こう、と。あのエピソードこそ、ナマナマしいの極致ですよ。誰にも話が通っていないから、ガチで乱入を阻止されそうになってしまう、という。実際、シャーク土屋の話はめちゃくちゃ面白かったんですけど、あの人は対抗戦自体にはほとんど関わっていないので、この本の中ではあまり掲載できなかった。そこで本の発売日となる11月27日に、秋葉原の書泉ブックタワーでシャーク土屋、そして工藤めぐみをゲストに招いて出版記念トークイベントを開催することにしました! この本とはまた別の視点から「女子プロレス対抗戦ブーム」を検証できる貴重な一夜になるかと思います。興味がある方は平日の夜ですが、ぜひ!

※なお、11月27日の一般発売に先がけて、秋葉原・書泉ブックタワーにて22日(金)より特別先行発売されることが決定。ここで購入すれば「工藤めぐみvsシャーク土屋」のトークイベントへの参加権もゲットできる。ただし、数に限りがあるので、希望者はお早目に、とのこと。

▽『憧夢超女大戦 25年目の真実』
出版記念トークイベント
~激白!対抗戦ブームの扉を開いた女たち~
工藤めぐみVSシャーク土屋
日時:11月27日(水)19時〜(開場18時30分)
場所:書泉ックタワー(秋葉原) 9F
イベント詳細ページ:https://www.shosen.co.jp/event/110487/

▽『憧夢超女大戦 25年目の真実』
著者:小島和宏
発行:彩図社
発売日:11月25日(月)
定価:本体 1,500円+税
Amazon:https://amzn.to/35grQy1