豪華なフェラーリのオフィシャルショールームがドバイにオープン

ドバイでフェラーリのオフィシャルインポーターを務めるAl Tayer Motorsが、新たにショールームをオープンした。ドバイで暮らす人々に、ラグジュアリーで上質なライフスタイルを新たに提案する空間となる。

3642㎡もの広さを有しており、それまでにあったショールームの4倍以上にも及ぶという。建築物としてのデザイン性も重要視され、フェラーリオーナーにとっても、これからフェラーリを購入する予定の人にとっても、ランドマークとなるであろう。インテリアにおいても、フェラーリならではのラグジュアリーな世界が表現されており、フェラーリのあるライフスタイルへのあたたかな歓迎がされる。



グラウンドフロアーは、展示エリアで、幅広いモデルが置かれている。コンフィギュレータールームでは、自身のフェラーリをカスタムすることが可能。マラネロのファクトリーのように、特別カラーや模様、素材を好みに合わせて選択できるのだ。



上にあがると、フェラーリ認定の中古車が並び、さらに上に行くと開発チームのワークスペースが用意されている。環境問題を配慮した車作りや、F1マシンの空力システムなど様々な議題が毎日繰り広げられているのだ。

世界的に見ても豪華で、フェラーリの世界観を最大限に表現しているショールームであろう。フェラーリファンには、ぜひ一度訪れていただきたい。