宮野真守ニューシングル『LAST DANCE』発売決定! ドームライブの先行シリアルも封入

アニメ、映画、舞台、ドラマなど様々なフィールドで活躍する宮野真守のニューシングル『LAST DANCE』の発売日が2020年1月22日(水)に決定した。

2001年に海外ドラマ『私はケイトリン』の吹き替えで声優デビューした宮野真守。以降、『DEATH NOTE』や『機動戦士ガンダム00』など数多くの作品に出演するほか、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などで吹き替えを担当している。アーティスト活動は2008年よりスタートし、表現力と類い稀な歌声、そしてダンスを駆使した高いライブパフォーマンス力を武器に、独自のエンターテインメントを追求し続けている。また近年では俳優としても活動の場を広げており、声優・俳優・歌手と幅広く活躍している。

18枚目となる今回のシングルには2020年1月より放送のTVアニメ『虚構推理』のエンディングテーマである表題曲『LAST DANCE』を含む合計3曲を収録。そして初回封入特典として、2020年6月6日(土)に開催される『宮野真守スペシャルライブ2020 in メットライフドーム』の先行シリアルが付いてくる。

国内外9都市で7万人を動員したアジアライブツアーを経て迎える男性声優初のドーム公演にして、2020年唯一のライブに注目だ。
さらにニューシングルの発売を記念して、文化放送『宮野真守のRADIO SMILE』の公開収録も2020年2月15日(土)に開催決定。こちらはニューシングル『LAST DANCE』を対象店舗にて購入・応募した方の中から抽選で招待される。

宮野真守が2020年に切り開く新たな世界に期待だ!