GLIM SPANKY・松尾 イギリスで見つけたヴィンテージドレスに一目惚れ!


(左から)ジョージ・ウィリアムズ、GLIM SPANKYの松尾レミさん、亀本寛貴さん、安田レイ



ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組 「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」 。2019年11月16日(土)の放送は、2019年11月20日(水)にニューシングル「ストーリーの先に」を発売するGLIM SPANKYが登場。ゲストの意外な一面がのぞける名物コーナー「ゲストの〇〇チャート TOP3!」では、「今年買ったスペシャルなもの TOP3!」を発表しました。

◆今年買ったスペシャルなもの TOP3
【第3位】亀本が買ったApple Watch
【第2位】亀本が買ったのヴィンテージギター
【第1位】松尾レミが買ったドレス


──第3位は「Apple Watch」。

亀本:今も着けているんですけど、スタンダードなものだとボディの素材がマットな素材なんですが、ちょっと値段が上がっててメタルっぽい素材のものなんです。
どうしてもこれが欲しかったので、ちょっと奮発しちゃいましたね。

──どんな機能があるんですか?

亀本:Suicaが入れられるんです。なので、荷物を持っていて携帯や財布などが出せないとき、手でパッと改札に入れますし、コンビニとか自販機も全部Apple Watchでいけます。Apple Watch本体にも少し曲が入れられるので、走るときとかは携帯を持たなくても音楽が聴けるんです。走った記録もつくので、ランニングとかにもすごく良いです。

松尾:ハイテクすぎてついていけないですね(笑)。

──続いて、第2位は「ヴィンテージギター」。どんなギターなんですか?

亀本:ギブソンのES-345という、335のバージョン違いみたいなやつですね。70年代のものなのでそこまで高い訳ではなかったんですが、今まで現行品しか持っていなくて、初めて70年代くらいの味のあるギブソンを買ってみたので、めちゃくちゃでかい買い物でした。

──一目惚れだったんですか?

亀本:それもあります。ギターを買うときって見た目やパーツの色、音とかも含めて“他の人じゃなくて、これは自分が弾いたほうがいいな”と思ったときに買いたくなるんですけど、このギターはそう思えたんですよ。

──気になるお値段ですが、おいくらだったんですか?

亀本:45万円くらいでしたね。

──そして、第1位は「ドレス」。

松尾:9月に衣装を探しに海外に行ってきまして。アイルランド、イギリス、スウェーデン、フィンランドに行ってきたんですけど、そこで行けるだけの古着屋さんに行きまくって、今回のシングル「ストーリーの先に」のジャケットで着る衣装を探してきたんです。

そのなかで、イギリスのヨークにある小さな古着屋さんの地下で、70年代のヴィンテージのドレスを発見しまして、それを買ってジャケットで着ています。これは本当に良い買い物だったなって思います。

──衣装探しで海外ってなかなかないですよね。

松尾:海外に行くのが好きなんですけど、海外に行く理由は、衣装を探すことと歌詞のためですね。

──このドレスを持っていた人のことを想像したりしますか?

松尾:そうですね! “どういう子が着ていたんだろう?”とか、“どんな音楽を聴いていたんだろう?”とか、このドレスが着られていた景色や、イギリスの風景だったりを想像します。

ヨークは自然が多いので、ドレスとの相性がいいんですよね。そういう想像をしながら買いました。きっと、髪の色はくすんだブラウンで、瞳の色もちょっと緑がかったスモーキーな感じの女の子だったんじゃないかな。

亀本:勝手に想像してるんだ(笑)。

松尾:勝手に想像してる(笑)。

GLIM SPANKYのニューシングル「ストーリーの先に」は2019年11月20日(水)発売です!

<番組概要>
番組名:JA全農 COUNTDOWN JAPAN
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜13:00~13:55
パーソナリティ: ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/cdj/