映画「ヲタクに恋は難しい」の音楽を担当する鷺巣詩郎さんと、出演者の高畑充希さん(左)、山崎賢人さん(C)ふじた/一迅社 (C)2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会

 ふじたさんの人気マンガを女優の高畑充希さん、俳優の山崎賢人さんのダブル主演で実写化する映画「ヲタクに恋は難しい」(福田雄一監督、2020年2月7日公開)のミュージカル音楽を、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズや映画「シン・ゴジラ」などで知られる鷺巣詩郎さんが担当することが11月18日、明らかになった。

 福田監督が「ヲタクカルチャーと音楽を掛け合わせられるのはアニメミュージックのカリスマでもある鷺巣さんしかいない!」と考え、自らオファーした。かつて「ビートルズ」がレコーディングしたことで知られるロンドンの「アビー・ロード・スタジオ」で録音されるという。

 鷺巣さんは、初めて福田監督の作品に参加することについて、「僕は、自分の曲は自分の子供だと思ってますから、福田雄一監督の家に娘を嫁がせるような感覚です(笑い)。2018年の夏、この映画の話を初対面の監督に聞いたときから、頭の中で音楽が鳴り始めてやみませんでした。いつでも出演者全員とことん楽しくレコーディングできたことが、何よりこの作品の一番大きな魅力になっているはずです」とコメントしている。

 同時に、鷺巣さんの音楽が使用されている予告編が解禁された。映像には、高畑さんの歌声が収録されているほか、コスプレ姿の“ガチ腐女子”を演じる若月佑美さんと、“素敵(すてき)系女子”を演じる今田美桜さんの登場シーンも収録している。

 「ヲタクに恋は難しい」は、マンガ、イラスト投稿サイト「pixiv」と一迅社の電子書籍サービス「comic POOL(コミックプール)」でふじたさんが連載中のマンガで、累計発行部数が約800万部を突破している。2018年4月にはアニメ化もされた。アニメやマンガが大好きなことを隠している桃瀬成海(高畑さん)と、イケメンで仕事もできるが、重度のゲーム好きの二藤宏嵩(山崎さん)のオタク同士の不器用な恋愛模様が描かれている。映画では、“ヲタクの世界”を華やかに盛り上げる仕掛けとしてミュージカル演出が登場するという。

 ◇鷺巣詩郎さんのコメント

 高畑充希さんに「こうしてください」と言うと、すべてが剛速球で返ってきます。その昔、まだ“ヲタク”なんていう言葉がない時代から、僕はミュージカルの“ファナティック(狂信者)”でした。ですから充希さんのようなプロフェッショナルと共に、自分が狂信するほど大好きなミュージカルができた幸せを、今まさに実感しています。彼女の素晴らしいパフォーマンスに自分の楽曲をどう対応させていくか、というのもまた僕自身のポテンシャルになりました。ものすごくやりがいがあって、作曲家冥利(みょうり)につきる仕事でした。

 山崎賢人さんは、スポンジが水を吸収するように音楽的なことをその場でどんどん吸収しました。こんな上達が目に見えて早い男性ボーカリストにはじめて出会いました。とてつもない才能です。レコーディングは短い期間でしたが、彼が成し遂げた進化は、彼のミュージカル俳優としての可能性を別次元まで高めたことは間違いありません。心の底から彼を賞賛します!

 僕は、自分の曲は自分の子供だと思ってますから、福田雄一監督の家に娘を嫁がせるような感覚です(笑い)。2018年の夏、この映画の話を初対面の監督に聞いた時から、頭の中で音楽が鳴り始めてやみませんでした。まずは“なり切って歌う!”ことが、当たり前ですがミュージカルの本質。いつでも出演者全員とことん楽しくレコーディングできたことが、何よりこの作品の一番大きな魅力になっているはずです。

 ◇高畑充希さんのコメント

 レコーディングはとても難しかったですが、楽しくてあっという間でした。キャッチーな曲ばかりだったので、家に帰ってからも、何かしながらつい口ずさんでしまっていたり。山崎さんは、ご本人の撮影がない日なのに現場に来てくれたことがあって、カットの度に「いけるよ!」って励ましてくれて。夜の撮影で大変なシーンだったのですが、そのお陰で乗り切ることができました。彼が初めてお芝居で歌を歌う現場に立ち会えたこともとてもラッキーだなと思いましたし、見た目だけでなく、歌声もすごくイケボです(笑い)。楽しみにしていてください!

 鷺巣さんとのレコーディングは、ピタッとはまるアドバイスをスパッと言ってくださるので、とても分かりやすく、楽しすぎて夢のような時間でした。めったにないすてきな機会だったので、かみしめるようにレコーディングしていたのですが、いつの間にか鷺巣さんのチャーミングなお人柄にのみ込まれ(笑い)、ただただ楽しい時間になりました。

 ◇山崎賢人さんのコメント

 僕はミュージカルが初めてだったので、一から教えていただきながらやらせてもらいました。でも、すごく楽しい歌ばかりで歌っていて楽しかったです。充希ちゃんが上手すぎるので、足を引っ張らないように頑張っていました。充希ちゃんが一人で海のそばを歌いながら歩くシーンを見学させてもらったのですが、歌声がすごくて「さすがだな」と思いました。

 鷺巣さんの演出は、歌い方もそうですが、「こういう感情で、こういうノリで」というのを、キチンと言ってくださるので、鷺巣さんに言われたことを「やってみよう」と思ってやっていたら、いい感じになりました。