連続ドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」第6話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の賀来賢人さん主演の連続ドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第6話が11月17日、放送された。主人公の遊佐清春(賀来さん)と、公安部の刑事・才門要(井浦新さん)の共闘シーンが描かれ、SNSは「かっこよすぎて身震いした」「清春と才門コンビかっこいい」「くっそ胸熱展開」と沸いた。

 第6話では、「十億円強奪事件」の真犯人が、殺害された碓氷薫(広末涼子さん)だったことが判明。混乱の中、喜志殺害の疑いをかけられた遊佐清春は才門要の手引きで逃走。追う警察は清春を全国指名手配にかける。複数のベルムズメンバーが警察病院で失踪していると知り、清春は才門と共に潜入を試みる……という展開だった。

 清春と才門は敵を前に、キックにブレーンバスターとツープラトンのプロレス技も交えながら息の合ったアクションを展開。「最凶タッグかっこ良すぎ」「清春と才門のコンビいいね」「才門と清春蹴散らすとか強いなw」「才門の滑りこみかっこいい」「すごい射撃の腕前」といった声があったほか、2人が横並びで銃を構えるシーンには「あぶない刑事オマージュかなw」「あぶない刑事に見えた」「2人揃って拳銃構えたのくそかっこいい」などのコメントも。さらに終盤の展開には、悲痛な声が続出した。