インタビュー

2019/11/17 07:00:00

常盤貴子、8K撮影に「そうだったの!?」 佐藤二朗と語る時代劇の世界展開

- PR -

女優の常盤貴子と俳優の佐藤二朗が、フランス・カンヌで日本が誇る時代劇ドラマのプロモーションに立ち会った。世界初となる8K制作の時代劇『帰郷』(原作・藤沢周平、主演・仲代達矢/2020年1月 劇場公開予定、2月 時代劇専門チャンネルで放送予定)が、世界最大級の国際テレビコンテンツ見本市・MIPCOM(ミプコム、10月14日~17日)のワールドプレミア上映作品に日本初、アジア作品で唯一選ばれたからだ。カンヌのレッドカーペットを歩き、ワールドプレミア上映で舞台あいさつを行った2人に、現地で作品に対する思いと世界展開の可能性を語ってもらった――。

目次

1 企画書から読み落としていた
2 小栗旬「どうして今、フランス?」