メジャー初写真集「Lakka」の発売記念イベントに登場した来栖りんさん

 アイドルグループ「26時のマスカレイド」の最年少メンバーで、マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)のオーディション企画「制コレ18(イチハチ)」でグランプリに選ばれた“日本一カワイイ制服美少女”の来栖りんさんが11月17日、東京都内でメジャーファースト写真集「Lakka」(同)の発売記念イベントに登場した。来栖さんは「まさか写真集を出すとは少しも思っていなかった。大きな節目。自分史上最高に大切な宝物ができた」と大喜び。自己採点を聞かれると、悩みながら「1108点!」と回答し、理由を「誕生日の数字だから」とはにかんでいた。

 写真集は、天体観測が趣味の来栖さんのため、ロケ地は北欧のフィンランドをチョイス。「世界一遠い星空を探す」をテーマに、さまざまな表情を切り取っている。出来上がった写真集をグループのメンバーに見せたといい、「みんな親みたいな目線で見てくれた。『ここがいいね』『大人っぽすぎるんじゃない?』って言ったり。自分のことのように喜んでくれて、うれしかった」と笑顔で語った。

 今月8日に19歳になったが、グループでは最年少とあって「メンバーからもファンの方からも子供扱いされることがある」と来栖さん。来年は「年下扱いは心地よくて堪能しているんですが、少しずつ20歳に向かってステップアップしたい。新しい自分を出せるように大人の階段を上っていければ」と抱負を語った。

 今後、挑戦したい仕事は「声優」で、「いつか自分の声でキャラクターに命を吹き込みたい。いままで見たアニメの中で好きなのは(西尾維新さん原作のアニメ)<物語>シリーズです」と話した。写真集はA4判、全128ページで2500円(税抜き)。