珠玉のユニットVTEC スポーツカー黄金時代 2

ホンダの可変バルブタイミング・リフト機構VTEC。


1本のカムシャフトに低速用と高速用のプロファイルを備え、それを切り替えることで低回転域のトルクと高回転域のパワーを両立する機構だ。

null
2代目インテグラのB16A型エンジンに初搭載され、シビックやインテグラ、NSXなどでも採用。



さまざまなバリエーションがあり、なかには実用エンジンへの搭載例もあるが、やはり「VTEC=スポーツエンジン」というイメージが強い。


掲載:ハチマルヒーロー 2013年 11月号 vol.23(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)