貯金を続けることは難しく、挫折してしまったという人も多いのではないでしょうか? まずは無理のない範囲で、お金を貯める習慣を身につけましょう。

月数千円、何万円積み立てていきましょうと言われても、貯蓄習慣のない人にとってハードルは高め。それならば、日本の最高額のコインである500円硬貨(以後500円)を使って貯蓄に励んでみてはいかがでしょうか。

◆数秘術で500の意味は「献身」
おつりとして500円を手にすることがあるかと思いますが、500円が手元に来たら無条件に貯金に回すというルールを決めてみてはいかがですか?

もちろん他の硬貨を使って同様のルールの元、貯金に回すのもアリですが、硬貨が貯まっても金額は増えないというのは挫折の原因にもなります。

その点500円の場合、10枚で5000円、20枚貯まれば1万円にもなります。貯金がなかなかできない人にとって、自ら意識して1万円を貯めるというのは、とても嬉しいことなのです。

500円貯金の喜びに目覚めると自ら進んでおつりで500円を貰おうと、小銭があるにも関わらず千円札で支払って500円玉のゲットを目標にする人もいるくらいです。

また数秘術において「500」がもつ意味は、スピリチュアルな献身が得られるというものです。

流れに任せていれば計画的に進み、天の導きが得られ完璧な順番で変化するともいわれていますので、500という数字のもつパワーを利用して、お金を引き寄せるのもアリですよね。

◆貯める目標を明確にしよう
実はこの500円貯金、すでに積立をしている人も併用する人が多い方法です。長く続けるためには、貯まったら何に使うのかを明確にするといいですね。

とはいえ500円貯金は、手元にきたときのみ貯めるというもの。巡り合ったときが貯めどきです。

レジャー費にする、いつもよりリッチな外食を楽しむため、自分のご褒美のためのエステなど、ライフプランに直接影響が出ないようなモノやことを目標にするとよいでしょう。もちろん、今後の運用資金の種銭にするのもおすすめです。

◆「見える化」貯金でモチベーションアップ
いくら気軽に始められると言っても続けなければ意味がありません。モチベーションをアップさせるためには、今いくら貯まったのかが分かることが大切です。

スケルトン状の500円専用の貯金箱を使って貯めると、いくら貯まったのか一目瞭然ですので、モチベーションアップにつながります。

わざわざ貯金箱は買いたくないというのなら、アナログの方法ではありますがノートに「正の字」をつけていくのもいいですね。

500円は1枚であればランチを楽しむことができますし、文房具だって数点購入できる金額です。500円貯金を始めると、貯めグセはもちろんのこと、お金を引き寄せるスピードもアップします。試してみてください。

文=飯田 道子(マネーガイド)