鮎川誠がシナロケ新作でカバーにこだわった理由「ロケッツの真ん中を貫くロック原体験」

シーナ&ロケッツが2020年2月14日にニューアルバム『LIVE FOR TODAY!』をリリースする。同作は、2014年リリースのアルバム『ROKKET RIDE』のレコーディング時に録音され未収録だった、シーナのラスト・レコーディングでのカバー曲7曲を含む、バンドの音楽人生を体現する初のライフタイム・カバー・アルバムだ。そんなシナロケの軌跡を、音楽ライターの鳥井賀句が綴る。

鮎川誠に会うたびにいつも思うことは、この人は本当に心の底からロックが好きで、100%のロック人生を生きている人だなあ……ということだ。もちろんミュージシャンとしてギターを弾きまくり歌っている姿はロックン・ローラーそのものだが、オフ・ステージで会ったり、インタビューをしている時でも、彼はいつも自分の今夢中になっているロックのレコードのことや、自分の大好きなミュージシャンの話題を本当にうれしそうに、語らずにはいられないといった表情で目を輝かせながら、熱く語ってくれる。彼はそこらのロック評論家なんかよりよっぽどロックやその周辺の音楽に詳しいし、その神髄まで掘り下げて聴いている。

鮎川誠もプロ・ミュージシャンになる前はロック好きの少年であり、ラジオから流れてくるビートルズやストーンズ、キンクス等を夢中になって聴いて、その曲のギター・コードを必死で練習したりしていた音楽少年だった。そして現在71歳を迎えた今も、鮎川誠のマインドはあの日のロック少年時代と少しも変わらずにロックを愛し続け、今も夢中になっている。そう、ストーンズが「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」で歌った「オールド・ボーイ」という歌詞があったが、鮎川誠は今も少年の心を持ち続けるオールド・ボーイなのだ。

1978年にシーナ&ロケッツがメジャーデビューしてから2020年で42周年を迎える。彼らはそのデビュー時の1stアルバム『#1』からストーンズもカバーしたチャック・ベリーの「カモン」を、2ndアルバムでアルファからの第一弾に当たる『真空パック』ではキンクスの「ユー・リアリー・ゴット・ミー」やジェームス・ブラウンの「アイ・フィール・グッド」などをカバーし、オリジナル曲と共に自分たちが好きな海外のロックやリズム&ブルースやブルース等の曲を紹介してきた。猫も杓子も日本語のオリジナルをやるのがブームになっていた時でも、もちろん「ユー・メイ・ドリーム」や「スイート・インスピレーション」等々のオリジナル・ヒットは飛ばしていたが、彼らは常に自分たちのルーツである海外のロック・アーティストのカバーをアルバムに入れて敬意を表し、それをファンにも伝えようとしてきた。日本のロックのファンとしてシナロケを聴き始めたが、彼らがアルバムやライブでカバーする海外の曲を聴いて、ストーンズやキンクス等の洋楽に目覚めたというファンも多いだろう。


初のライフタイム・カバー・アルバムを出すことになった経緯

そんな彼らの記念すべき42周年を祝うかのように、彼らにとって初のライフタイム・カバー・アルバム『LIVE FOR TODAY!』が発売される。元々は2014年4月の『ROKKET RIDE』のレコーディング時に、余った時間でスタジオ・ライヴ風に当時の新たなレパートリーやバンドでやってみたかった曲を次々と演奏し、録音したのがこのアルバムに収録された1曲目の「Loudmouth」から7曲目の「レモンティー」であった。その7曲に陽の目を見させたいと鮎川氏が思ったところから、この企画はスタートし、その音源に88年の『HAPPY HOUSE』のNY録音時のデモ・テイク(「Peter Gunn」「KISS KISS KISS」「朝一番列車のブルース」「ボントンルーレ」)や1996年のアルファ・レコードのAスタジオ閉館前の最後に録音されたデモ録音(「JOHNNY B. GOODE」「MY BONNIE」)、1997年発売の『@HEART』のためにシーナと鮎川誠が2人でシンク・シンク・スタジオで録音した96年のデモ音源(「SUGAREE」「Heart Of Stone」)、その「Heart Of Stone」は2006年に出たローリング・ストーンズのトリビュート・アルバム『リスペクト・ザ・ストーンズ』に収録され、「You Really Got Me」は2002年にビクターから出たキンクスのトリビュート盤『キンキー・ブート』のために新たに録音され収録されたテイク。また「What Becomes Of The Broken Hearted」は2004年に久保田麻琴がプロデュースしたモータウン・トリビュート・アルバム『SAKURA MOTOWN REVUE』のために録音された秘蔵テイク、そして「WILD THING」は2001年8月17日の北海道ライジング・サン・ロックフェスティバルにシナロケが出演した時のライブ音源……それらすべてを1枚のアルバムに収めたのがこの『LIVE FOR TODAY!』なのである。


Courtesy of JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

今までのアルバムでも、彼らのお気に入りの洋楽のカバー曲が紹介されていることも多かったが、こうして1枚のアルバムで18曲のカバー曲をまとめて聴くと、シナロケというバンドの中に脈々と流れているロックの神髄というものがまざまざと浮かび上がってくるのを感じる。勿論洋楽のカバーだけではなく、鮎川誠がシナロケ以前に在籍し作曲を手がけ、シナロケでもたびたびカバーしてきた博多の伝説のリアル・ロック・バンド、サンハウスの「雨」や「レモンティー」や「朝一番列車のブルース」、そして意外にもあの故萩原健一がボーカルだったグループ・サウンズのテンプターズのカバー曲「今日を生きよう」が収められているのも嬉しい。67年にアメリカのグラスルーツが放ったヒット曲をテンプターズが日本語詞で歌ったものだが、シーナは昔からショーケンやGSが大好きだったということで、とても雰囲気が出ていると思う。「ボントンルーレ」はシーナの82年の初ソロ・アルバムに収められていたナンバーで、細野晴臣プロデュースのポップな香りに満ちていたが、ここではシナロケでのよりロッキンなグルーヴを放っている。


Courtesy of JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

他は全て洋楽のカバーだが、キンクスの「You Really Got Me」、チャック・ベリーの「JOHNNY B. GOODE」、トロッグスの曲でジミヘンのカバーでお馴染みの「WILD THING」といったところはロックの王道と言えるが、他はビートルズがデビューする前にビート・ブラザーズ名でトニー・シェリダンのバックで演奏した「MY BONNIE」、ストーンズは64年のアメリカ盤シングル曲の「Heart Of Stone」、ラモーンズはコアな「Loudmouth」、モータウンではジミー・ラフィンの「What Becomes Of The Broken Hearted」と、あえて王道の誰もがやりたがる代表的ヒット曲を外して、彼らならではのマニアックな思い入れを込めた選曲になっているのが渋い。


「カバーというのは俺たちのテーマ」

渋いと言えば、アニマルズやニーナ・シモンもカバーしたスクリーミング・ジェイ・ホーキンスのブルース・ロックの名曲のカバー「I Put A Spell On You」や、更に渋いのがロックンロールの65年の歌姫だったバーバラ・ルイスのヒット曲「Baby Im Yours」、そして更にロックのルーツを遡ったルイジアナのザディコのロッキン・シドニーの「You Aint Nothin But Fine」、シナロケの『#1』でも取り上げていたラスティ・ヨークの59年のロカビリー・ヒットの「SUGAREE」、原曲はヘンリー・マンシーニが書いた59年のTV番組のテーマ曲をロックでやってしまったミック・グリーン率いるパイレーツのカバーの「Peter Gunn」、シーナの声に意外にも合っているオノ・ヨーコの「KISS KISS KISS」と、シナロケがロックンロールのルーツを常にリスペクトし、それを自らの血と肉として受け継いで来たその心意気と情熱がこのアルバムから痛いほどに伝わってくる。鮎川誠はこう熱く語る。


Courtesy of JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント


Courtesy of JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

「カバーというのは俺たちのテーマやったんよね。1stアルバムからチャック・ベリーの”カモン”を入れたし、2枚目の『真空パック』ではキンクス、3枚目の『チャンネル・グー』にはストーンズもカバーした”スージーQ”を入れた。レコード会社の人に、せっかくオリジナルが作れるんだから、カバーは入れる必要はない、と言われたこともあるけど、俺たちははっきりイギリスの音楽とそれをやってる人たちが影響を受けたシカゴ・ブルースとか、メンフィスのソウルとか、そういうもんがあっての日本のロックや、というこだわりがあるんよ。そういうのがゼロの日本のロックなんか、興味もないんよ。僕らが学生の時に海外のロックを聴くことが世の中を見ることやったり、人と出会うことやったり、同じ音楽を好きな者同士が信号を発して出会いながら、ロックを楽しんできた、そういうものが絶対にロケッツの真ん中を貫いているんよ」

ご存知のようにシーナ&ロケッツのボーカリスト、シーナは2015年2月14日にガンのため突然天に旅立ってしまった。だが、鮎川誠はバンド名を変えることもなく、今もベースの奈良敏博とドラムの川嶋一秀と共に精力的なライブ活動を続け、愛娘のLUCYをボーカルに加えてシーナ&ロケッツ with LUCY名義でライブをやり続けている。鮎川誠は語る。
「シーナがいなくなって3人でやり始めたんやけど、以前は最初に俺たち3人がステージに出て行って数曲やって会場を温めてからシーナを呼び込むというスタイルでやってたけど、今では先にシーナがステージに行っていて、俺たちがシーナに導かれてステージに出ていってると感じるんよ。俺も70歳を超えたけど、ガキみたいなスケジュールでツアーをやってても、自分の中ではそのために生きとるという感じがするんよね。それ以外に生き延びて何すんの、音楽をやれるうちに1曲でも多く歌い演奏したいと思うのよ。シーナが憎きガンのためにあっという間にこの世を去ってしまって、ほんとに”今日を生きよう”ということ、それをシーナに教えられた。今日全部やりたいことを今日全部出し切るという心境で今はツアーをやってて、それが物凄い自分の励みやし、次のステージがあるということは、いかなる健康法よりも自分をまっすぐ立たせてくれる。次のステージを待っててくれるファンがいることで、もうちょっと頑張れると思う」
素晴らしい。ロックで育ち、ロックを生き、ロックで死ぬ、という覚悟を語る鮎川誠の言葉に、僕はリアル・ロックンローラーとしての鮎川誠の生きざまを見た。

このカバー・アルバムについてもうひとつ付け加えて語っておきたいのは、2014年4月10日の最後に録音された7曲目の「レモンティー」が、シーナがスタジオで歌い録音した生涯最後のレコーディング楽曲であるということだ。過去のアルバムやステージで何度も歌われてきたこの曲だが、この最後となる録音を聴くとシ―ナが僕たちに投げかけていた熱いエモーションと愛の波動を再認識し、涙無くしては聴けない……。

鮎川誠が歌い演奏し続ける限り、シーナ&ロケッツは決して終わらない。この溢れんばかりにロックへの愛が詰まったアルバムを聴く人たちが、これらのロックンロールから「今日を生きる」力を受け取ってくれることを願ってやまない。


<INFORMATION>

シーナ&ロケッツ
ニューアルバム『LIVE FOR TODAY!』
2020年2月14日リリース
予約URL:https://jvcmusic.lnk.to/LIVEFORTODAY


<通常盤>
「LIVE FOR TODAY!-SHEENA LAST RECORDING & UNISSUED TRACKS- 」
VICL-65305 / 3000円 + 税
(全18曲収録/約64分)
1. Loudmouth
2. Baby Im Yours
3. I Put A Spell On You
4. 雨
5. 今日を生きよう
6. You Aint Nothin But Fine
7. レモンティー
8. SUGAREE
9. What Becomes Of The Broken Hearted
10. Peter Gunn
11. KISS KISS KISS
12. 朝一番列車のブルース
13. ボントンルーレ
14. You Really Got Me
15. JOHNNY B. GOODE
16. Heart Of Stone
17. WILD THING
18. MY BONNIE


<豪華版-完全受注生産限定BOX>
「LOVE BOX -42nd Anniversary Kollection-」
VIZL-1695 / 21000円 + 税

・CD:「LIVE FOR TODAY!-SHEENA LAST RECORDING & UNISSUED TRACKS-」(通常盤同内容)


・2LP:「ROKKET RIDE 」
 「ROKKET RIDE」全12曲初完全アナログ化+「LIVE FOR TODAY!」より4曲厳選収録 (合計16曲収録)
1-A (Side-1)
1.ROKKET RIDE
2.Ride the Lighting
3.太陽のバカンス
4.Baby Love

1-B (Side-2)
5.ROCK FOX
6.電撃BOP
7.Madness City

2-A (Side-3)
8.Im So Glad
9.夢にしか出てこない街
10.素敵な仲間
11.風を味方に

2-B (Side-4)
12.ロックンロールの夜
13. Loudmouth
14. Baby Im Yours
15. I Put Spell On You
16. レモンティー


・7inch アナログ:「雨 / 今日を生きよう」


・2DVD:「VIDEO KOLLECTION 1979-2019」(約180分収録)
Disc-1
1. シュガーリー (1979 from TV TNC "L-mortion rag")
2. 涙のハイウェイ (1979 from TV TNC "L-mortion rag")
3. ユーメイドリーム (1980.05.18 Live at 日本電子工学院ホール from TV TVK "Fighting 80s")
4. レイジークレイジーブルース (1980.05.18 Live at 日本電子工学院ホール from TV TVK "Fighting 80s")
5. オマエガホシイ (1980.05.18 Live at 日本電子工学院ホール from TV TVK "Fighting 80s")
6. ベイビーメイビー (1980 MV)
7. 浮かびのビーチガール (1980 MV)
8. キスミークイック (1980 MV)
9. プロポーズ (1982.02.04 Live at 日本電子工学院ホール from TV TVK "Fighting 80s")
10. レモンティー (1982.02.04 Live at 日本電子工学院ホール from TV TVK "Fighting 80s")
11. アイラブユー (1982.02.04 Live at 日本電子工学院ホール from TV TVK "Fighting 80s")
12. ホラ吹きイナズマ (1984 MV)
13. ロックイズオールライト (1984 MV)
14. スイートインスピレーション (1984 MV)
15. 今夜はたっぷり (1985 MV)
16. エービーシー(1986 MV)
17. キャプテンギターアンドベイビーロック (1986 Live at SHIBUYA LIVE INN )
18. レモンティー (1986 Live at SHIBUYA LIVE INN )
19. ユーメイドリーム (1986 Live at SHIBUYA LIVE INN )
20. どうしても逢いたい (1987 MV)
21. ハッピーハウス (1988 MV)
22. パーマネントハネムーン (1989 MV)

Disc-2
23. (ハ! ハ! ハ!) ハードドラッグ (1992 MV)
24. ビーバップアルーラ (1993 MV)
25. ロックの好きなベイビー抱いて (1994 MV)
26. レイジークレイジーブルース (1997.05.19 Live at SHIMOKITAZAWA SHELTER)
27. インターネットキッス (1997 MV)
28.「@HEART」 ライブ リハーサル&バックステージ(1997.09.19 Live at LIQUIDROOM)
29. オールズモービルロック (1997.09.19 Live at LIQUIDROOM)
30. キッチンパニック (1997.09.19 Live at LIQUIDROOM)
31. ジャングルオブラブ (2000 MV)
32. 「ROCK THE ROCK」シューティング (2000.05.13)
33. ラフネックブルース (2003.11.23 Live at SHIBUYA AX)
34. ハートに火をつけて (2003.11.23 Live at SHIBUYA AX)
35. スティフリップス (2003 MV)
36. エレクトロケッツ (2004 Trailer)
37. ジャパニック (2008 MV)
38. ライドザライトニング (2014 MV)
39. 太陽のバカンス (2014.08.17 Live at T-Jam 2014)
40. ピンナップベイビーブルース (2014.08.17 Live at T-Jam 2014)
41. ユーメイドリーム (2014.10.23 Live at SHIBUYA O-EAST)
42. ビールスカプセル (2019.09.15 Live at 高塔山ロックフェス 2019)
43. アイラブユー (2019.09.15 Live at 高塔山ロックフェス 2019)


シーナ&ロケッツ 42回目のバースディLIVE開催!11月23日(土祝)下北沢GARDEN
開場:18:00 開演19:00
Adv. 5000円 / Door. 5500円  (+D)
出演:シーナ&ロケッツ — 鮎川誠/Vo,G、奈良敏博/B、川嶋一秀/Dr
スペシャルゲスト:LUCY MIRROR

シーナ&ロケッツ 鮎川誠71th ROCK OF AGESツアー
11月23日(土) シーナ&ロケッツ42回目のバースディライブ/下北沢GARDEN
11月29日(金)札幌 SUSUKINO 810
11月30日(土)札幌 SUSUKINO 810 ※ツアー・ファイナル
12月31日(大晦日)47TH NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL

公演詳細&チケット発売:http://sheena.cc/ticket
シーナ&ロケッツ公式サイト:http://www.rokkets.com/