「世界」という「近所」に乗り出す、星野源の2019年が意味するもの

国内外の豪華アーティストとコラボした新作EP『Same Thing』が大ヒットを記録中の星野源。11月23日からは念願のワールドツアーもスタート。新たな境地へと向かう星野の2019年ここまでを、初の著書『リズムから考えるJ-POP史』を刊行した気鋭のライター/批評家・imdkmが考察。


初々しさが剥き出しになった『Same Thing』

10月14日に星野源がリリースしたEP『Same Thing』は、これまでの活動のなかでも意表を突く一作だった。なにしろいままで試みてこなかったコラボレーションに乗り出したのだ。それもあって、同作は星野がアルバムごとに築いてきた円熟味を一度リセットしてしまったかのような初々しさに満ちている。スーパーオーガニズム、PUNPEE、トム・ミッシュ。それぞれのコラボレーターに思い切って身を任せ、相手の色に染まるのを楽しんでいる様子が思い浮かぶ。

もし3曲だけ並べていたら、星野源の作品としてまとめるにはちょっと難しかったかもしれない。スーパーオーガニズムのお家芸といえる大胆なエディット、PUNPEEのオフビートなフロウを踏まえたラップ、トム・ミッシュのチル感覚……等々、各々のサウンドが持つキャラクターに「あえて抗わない」星野源の力の抜け方が面白い。

しかし、シメにシンプルな弾き語りの「私」がおかれることで、一種の所信表明としてのまとまりが感じられるようになっている。いわば『POP VIRUS』までのキャリアをいちど脇においての仕切り直し。それがこのような肩の力の抜け方で届くことに意義がある。





「世界」という「近所」に乗り出す星野源

EPまでを振り返ると、2019年はある意味激動の年になった。2019年8月30日には待望されていたサブスク参入を発表。同時に、Beats 1 Radioで日本人として初めて番組ホストを務める。また、Netflixで最新のライヴ映像作品「星野源 DOME TOUR "POP VIRUS" at TOKYO DOME」も配信開始した。

とはいえ、2018年の『POP VIRUS』にもその前兆はあった。コンセプトの面から言えば、「イエロー」(『YELLOW DANCER』)から「ポップ」(『POP VIRUS』)へ、という転換は、「イエロー≒日本」というくくりを相対化するものと言える。サウンドにおいてもバンドサウンドを軸としつつ、エレクトロニックなサウンドを要所要所に取り入れて、一気にモダンな手触りをモノにしている。

そんな作品を聴いたら、「ゆくゆくはサブスク解禁を含めたグローバルな展開があるのではないか」と思うのも無理はないでしょう。思ったよりも早くその展開が訪れたので驚いたが。



いきおい、ついに世界へ進出か、と期待をかけてしまいそうになるけれど、ラジオやインタビューで星野は「近所」という表現を使う。ここが重要な点だろう。

あらかじめどこかのマーケットを目指す(たとえばビルボードのHOT100をめざしましょう、とか)のではなく、あくまで作り手同士、リスナー同士の自発的なネットワークを信頼する。EPでのコラボレーターはみんな、星野源がもともと知己を得ていた人たち。企画のために、作品のためにフックアップしてきたわけではない。

EPの力の抜け方は、そのネットワークを活用するために、星野源がこれまで築き上げてきたポップスターとしてのしがらみをちょっとずつ脱ぎ捨てている過程、というふうに思う。

とまあ、いくら仰々しい「世界」ではなくむしろ「近所」なのだ、と言っても、星野源が世界に提示したい日本像というのは少なからずあるだろう。その点、Beats 1の番組「Pop Virus Radio」でまっさきにかけた日本の曲が(自身の曲を除けば)DOOPEESの「DOOPEE TIME」だったことは興味深い。コスモポリタンな架空のユニットによるコンセプチュアルなアルバムから、アメリカのコメディドラマの主題歌をサンプリングしたキュートな一曲。これもまた星野の言う「イエローミュージック」の範例なのだろうか。




「おげんさん」は視聴者を見くびらない

と、ここまでは『Same Thing』を端緒に海外へと踏み出す星野源について書いてきたが、EPリリースと同日(10月14日)に放映されたNHKの番組「おげんさんといっしょ」(以下、「おげんさん」)も興味深く、かつ意義深い内容だった。それについても書いておこう。

3回目を迎えた「おげんさん」は、星野源がホストを務める音楽バラエティ番組。高畑充希、藤井隆、宮野真守といったレギュラー陣とのシットコム的なやりとりの妙に加え、馴染みのバンドメンバー(最新回では河村”カースケ”智康、ハマ・オカモト、櫻田泰啓、石橋英子、長岡亮介、STUTSという布陣)の演奏による生パフォーマンスもふんだんに盛り込まれた、いまどき珍しいほど贅沢な番組だ。パフォーマンスについて言うと、最新回ではゲストとして登場したPUNPEEが、主役の星野を食う勢いの名演を見せていたのが印象的だった。

\「おげんさんといっしょ」第3弾終了!/

見てくれた大きいお友達、
本当にありがとう〜!!
すっごく楽しい90分間だったね!

第3弾まで来たんだもん。
きっとまた会える日が来ることを願って!
みんな〜〜またね〜〜〜〜〜 ( C・>#おげんさん pic.twitter.com/FZbCt3viCJ — おげんさんちのねずみ~(C・> (@nhk_ogensan) October 14, 2019
「おげんさん」のいいところは、「わかりやすくあろう」という配慮をあえてぶっちぎっているあたりにある。地上波ではぎりぎり耳にしないような、ややマニアックな固有名詞もためらいなくぶち込む。

お茶の間を教育しよう、ではなく、わかる人には伝わったらいいし、わからなくてもとにかくいい音楽を楽しんでもらおう、というかたちでの、お茶の間への信頼が「おげんさん」にはある。ここでなんとなく耳にした音楽や固有名詞が、のちのち日常の中でふと思い出される瞬間さえあればこっちのものだ、とでもいうような。およそ年に一回(放送同士の間隔はもっと大きい)というペースがもったいないと思うほどに良い番組だ。


「おげんさん」番組中で紹介されたスティーヴ・レイシー

ゲン・ホシノとおげんさんのあいだで

とはいえ、「おげんさん」でもっとも重要なのは、「音楽をまじえたコントバラエティ」というフォーマットをいまやる、という気概にあるように思う。

星野源がクレージーキャッツを敬慕しオマージュも捧げていることはよく知られている。「Crazy Crazy」は楽曲もMVもまさにクレージーへのリスペクトの塊だし、「アイデア」のMVにも「シャボン玉ホリデー」(※)の面影をほんのり感じもする。

「音楽番組」ではなく「コントバラエティ」として番組を組み立て、そこにクオリティの高い音楽を織り交ぜていくというスタイルは、クレージーキャッツやドリフターズといったコミックバンドが、テレビ番組や映画を通じて、ジャズやソウル、ファンクといった海外の音楽のエッセンスを大衆に届ける役割を担ってきたことを思い起こさせる。

※1961年6月~1972年10月、1976年10月~1977年3月に放映された日本テレビ制作の音楽バラエティ。ザ・ピーナッツ、ハナ肇とクレージーキャッツ、毎回登場するゲストを交えてコントや歌、トークなどを展開。番組からは数多くのギャグが生まれ、特に植木等の「お呼びでない……これまた失礼致しました」は番組を代表するフレーズとして親しまれた。




「おげんさん」の星野は、「Pop Virus Radio」で自分の音楽をヒップホップ、R&B、そしてコンテンポラリーゴスペルなんかと並べながらプレゼンテーションしたのとは対照的に、ドメスティックな大衆芸能史をさりげなく再演し、復興しようとしているように見える。それは広い意味で視聴者にいろんな音楽やアーティストとの出会いの種を蒔きながら、カルチャーを耕そうとする企図につながっているはずだ。

もちろんミュージシャンとしての星野が活躍の場を日本の外へ拡張していくことにはとても期待したいが、同じくらい「おげんさん」の星野にも期待したい。最終的には、そのふたつの流れが合流する未来を見てみたいものだ。


<リリース情報>



星野源
『Same Thing』
配信中

1.Same Thing (feat. Superorganism)
2.さらしもの (feat. PUNPEE)
3.Aint Nobody Know
4.私
https://jvcmusic.lnk.to/samething

<ライブ情報>

星野源 POP VIRUS World Tour

2019年11月23日
上海  National Exhibition and Convention Center Hong Arena

2019年11月25日
ニューヨーク  Sony Hall
Special Guest MARK RONSON

2019年12月9日 
横浜  Yokohama Arena
LIVE in JAPAN 2019 Gen Hoshino × MARK RONSON

2019年12月10日 
横浜  Yokohama Arena
LIVE in JAPAN 2019 Gen Hoshino × MARK RONSON

2019年12月14日 
台北  Legacy MAX


『リズムから考えるJ-POP史』
imdkm
四六判・二百六十四頁
価格:1,800円+税
発売中

imdkm(イミヂクモ)
1989年生まれ。山形県出身。ライター、批評家。ティーンエイジャーのころからビートメイクやDIYな映像制作に親しみ、Maltine Recordsなどゼロ年代のネットレーベルカルチャーにいっちょかみする。以後、京都で8年間に渡り学生生活を送ったのち、2016年ごろ山形に戻ってブログを中心とした執筆活動を開始。ダンスミュージックを愛好し制作もする立場から、現代のポップミュージック について考察する。