【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【この記事のエキスパート】

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家/アウトドアライター:夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。

アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。

アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。

『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。


アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。

アウトドアライターが解説|トレッキング用リュックを選ぶポイント

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックを選ぶポイントを3つ教えていただきました。

体格にフィットするかどうかで選ぶ

【エキスパートのコメント】

ザックを選ぶ場合、どのジャンルでも体格に沿ったフィットは最優先です。身体に合っているかどうかで疲労度も大きく変わります。つまりザックを選ぶ場合、ウェア以上にフィットに気を配る必要があります。

はじめにチェックすべきポイントは背面長のマッチング。自分の「背面長」を知る必要があります。まずは腰骨の上端を探し、次に第七頚椎(首の後ろのもっとも出っ張っている骨)を探します。そして第七頸椎を起点に、腰骨上端までの長さを背骨のアーチに沿うように計測すると「背面長」が測定できます。

対応サイズの目安は、41~46cm=S、46~51cm=M、51~56cm=Lとなります。ザック側のサイズはメーカーによっても異なるため商品詳細を確認してみてください。

Millet(ミレー)『サース フェー 30+5(MIS0640)』:

出典:Amazon

「ファーストクラスの背負い心地」を目指したミレーの人気モデル。日帰りから山小屋泊の山行まで、幅広い用途に対応してくれます。

利用シーンから選ぶ

【エキスパートのコメント】

トレッキングと一言でいっても、里山散策からデイハイク、山小屋宿泊などさまざまなシーンがあります。ザック容量はもちろん、耐久性や軽さ、使い勝手などシーンにマッチしたザックを選びましょう。

日帰りや山小屋泊の一泊トレッキングなら30L前後のマルチユースのザック、ファストハイクのように軽快に登りたいなら軽量でフィット感が強く機動性の高いザック、里山散策なら軽さより耐久性の高いザックがおすすめです。

GREGORY(グレゴリー)『ミウォック24』:

出典:Amazon

700gの軽さながら、容量は日帰りに充分の24リットル。機動性が高いモデルを探している方におすすめです。

機能面から選ぶ

【エキスパートのコメント】

ザックには容量以外に「キャラクター」の違いがあります。それぞれ機能が違い、ニーズにマッチする特性が与えられています。

フィット感に強いモデルや通気性が高いモデル、また軽量性に特化したモデルやファストハイクにもマッチする機動性の高いモデルまでさまざまな個性を備えたザックがあります。優先したい機能やほしい要素を意識して、合致する個性のザックを選んでみてください。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)