コメディーミステリードラマ「時効警察はじめました」第5話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優のオダギリジョーさんや女優の麻生久美子さんらが出演するコメディーミステリードラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の第5話が、11月15日に放送される。女優の趣里さんがメインゲストとして出演。霧山修一朗(オダギリさん)が、ラジオの生放送中に伝説のコント師が死亡した時効事件を捜査する。大九明子さんが脚本、監督を務める。

 彩雲(吉岡里帆さん)は、SNSで知り合った“親友”の夏歩(趣里さん)から「伝説のコント師」と呼ばれた超人気お笑いコンビのメンバーで、1994年にラジオの生放送中に死亡した父・村瀬ベルギーワッフル(水川かたまりさん)の時効事件の捜査を依頼される。極度のアレルギー体質だった村瀬の死因はアナフィラキシーショックで、胃の中からソバの成分も検出されていた。村瀬は当時、相方・栗原くりごはん(鈴木もぐらさん)との関係が最悪の状態だった。

 彩雲に相談され、興味を持った霧山は、三日月しずか(麻生さん)や、お笑いに詳しい同僚・サネイエ(江口のりこさん)を巻き込み、捜査を開始。ラジオ音源を聞くと、面白いとは言えない栗原の持ちネタを、村瀬が繰り返す様子が残っていた。夏歩は、村瀬が栗原のつまらないギャグを言うはずがないと主張。一方、村瀬の死因が引っかかる霧山は、密室にいた栗原に話を聞こうとする……。

 「時効警察」は、時効が成立した事件にスポットを当てたコメディーミステリー。総武警察署時効管理課の警察官、霧山修一朗が交通課の三日月しずからを巻き込んで、時効が成立した事件を“趣味”で捜査する姿を描く。