「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」隈研吾氏を筆頭に世界的クリエイターのトークショー

レクサスは京都市と共催で、これまで「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」を通じてサポートしてきた日本全国の若きモノづくりの「匠」の作品を集結させるイベントを開催する。

広く一般の方々に「日本の匠の未来」に触れていただく、クラフトの祭典となる展覧会として「TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」を京都市にて、2019年11月29日(金)~12月1日(日)にかけて開催。

このプロジェクトはレクサスが主催となり、日本の各地で活動する、地域の特色や技術を生かしながら、常識にとらわれない新しい発想で”次世代の伝統工芸”に挑む若き「匠」をサポートし、地域から日本全国へ、そして世界へ羽ばたくことを支援するプロジェクトである。

本展覧会では、2016年の開始以来、「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」 に参加した47都道府県の匠・約150名の作品を一堂に集めて展示する他、匠と著名クリエイターとのコラボレーションによって制作される新たな作品、インスタレーション等を一般に向けて初公開する。

工芸の中心地として長い歴史を歩んで来た京都の地で、全国の若き匠たちと人、土地、才能が交わることで、令和元年の日本が新たな時代を迎えた今、「新時代の匠たち」の姿を発信。

また、会期中には、建築家・隈研吾氏を筆頭とした世界で活躍する日本人クリエイターと新時代の匠によるトークショーも実施。世界から認められるクリエイター×若き匠によるコラボレーションにより作品を制作するCREATORS conncectionを中心に、作品の誕生秘話から、今後の活動目標、さらには、日本の匠のモノづくり、未来についてトークショーを繰り広げる。 

レクサスはブランドとして「CRAFTED」、すなわち日本の豊かな自然によって育まれた感性にもとづき、ユーザーのことを徹底的に考え抜き、相手が真に求めるものに、その人以上に思いを巡らせる精神、そしてそれを匠の技から最先端の技術までを駆使して徹底的に追求する姿勢を掲げている。

本プロジェクトはまさに長い歴史の中で「CRAFTED」を体現してきた日本の匠のモノづくりが、未来に向けたさらなる進化を促すことに貢献することを目指しているのだ。本展覧会で紹介する匠のモノづくりの姿を通じ、LEXUSが、そして日本の匠が追求する「CRAFTED」の精神、考え方を堪能いただきたい。


TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT
〜47都道府県150人。若き匠の技と感性が交わる3日間。〜
・日時:令和元年 11月29日(金)〜12月1日(日) 開場時間 10:00~17:00
・場所:京都新聞ビル 地下1階、平安神宮 額殿
・参加クリエイター:
隈研吾氏(建築家・東京大学教授)、廣川玉枝氏(SOMARTA クリエイティブディレクター)、
森永邦彦氏(ANREALAGE デザイナー)、辰野しずか氏(クリエイティブディレクター デザイナー)、
谷尻誠氏(建築家・起業家・SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd. 代表取締役)
・主催:LEXUS
・共催:京都市等
・関連URL:https://lexus.jp/brand/new-takumi/craft-connection-kyoto/