皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、住宅購入を目前に控える30代の主婦の方です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

◆住宅ローンを払いながら毎月10万円の貯蓄は可能ですか?
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。

今回の相談者は、住宅購入を目前に控える30代の主婦の方です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

◇相談者
優しい月さん(仮名)
女性/専業主婦/38歳
関東/賃貸住宅

◇家族構成
夫(会社員/37歳)子ども(1歳)

◇相談内容
一戸建てを購入する予定です。頭金として500万円を支払います。現在は手付金として200万円を支払い済みです。頭金として定期貯金を切り崩しました。今後も月10万円の貯金をしていきたいと思っていますが可能でしょうか。

子どもは現在1歳です。学資保険に加入すべきか悩んでいます。また、主人が加入している保険も見直したいです。現在年間60万円を支払っています。

私に持病があるため、夫の保険は手厚くしております。また、そのため働かない前提ですが、必要があればパートはしてもいいと考えています。

◇家計収支データ
「優しい月」さんの家計収支データ

◇データ補足
(1)ボーナスの使いみち
生活費補てん20万円、保険料の年払い60万円、貯蓄20万円

(2)購入物件と住宅ローンについて
物件価格3500万円、諸費用200万円、借入額3000万円、35年固定(フラット35)、金利1.1%程度、団信未加入予定

(3)加入保険の保険料の内訳について
[夫]
・医療保険(終身保障終身払い)=年払い保険料2万7500円
・がん保険(終身保障終身払い)=年払い保険料3万3500円
・特定疾病前払式終身保険(死亡保障1000)=年払い保険料21万5000円
・低解約返戻金型終身保険(終身払い、死亡保障800万円)=年払い保険料17万5000円
・収入保障保険(保障額10万円、払込期間58歳)=年払い保険料3万円
・収入保障保険(保障額30万円 払込期間65歳)=年払い保険料11万3000円 

(4)子どもの進路について
中高は公立。大学は私立理系もやむなしと考えている。

◇FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1:返済期間は「30年」にするべき
アドバイス2:毎月10万円、さらにボーナスの半分を貯蓄に回す
アドバイス3:保険に頼らなくても貯蓄があれば問題はない

◆アドバイス1:返済期間は「30年」にするべき
住宅購入を控えて、気になるのが住宅ローンの返済期間です。35年ローンということは、完済はご主人72歳のとき。これはやはりリスクがあります。

毎月の返済額を家賃並みに抑えたいという意図からかもしれませんが、家賃を返済額がオーバーしても、30年返済で組むべきだと思います。

いただいたデータで試算すると、35年返済で月額8万6000円ほど(ボーナス払いを併用せず)。

これを30年返済にすれば、約9万8000円になります。これで完済は67歳のとき。

そして、購入後は繰上返済を行って、少なくとも65歳、できればより60歳に完済時期を近づけるよう返済期間を短縮する。全体としては、こういう形の返済が望ましいと考えます。

確かに、不安はあるかと思います。頭金500万円を支払い、うち200万円手付けとして支払っていますが、諸費用が別途200万円発生しますので、結局あと500万円支払うことになります。

一方、現在の貯蓄は540万円。一時的とはいえ、一気に手持ち資金が減ることに変わりはありません。

しかし、現在の貯蓄ペースが平均して月12万円程度でしょうか。これにボーナスからの20万円を加えると年間160万円超。住宅コストが現在より増えても、4、5年で今と同程度までには貯蓄額も回復します。

◆アドバイス2:毎月10万円、さらにボーナスの半分を貯蓄に回す
では、具体的に購入後の家計を見ていきましょう。家賃に対して住宅ローンは8000円アップとなります。加えて、ランニングコストとして固定資産税を年間10万円と見ておきます。

あと、団体信用生命保険に加入されないということですが、ご主人の死亡保障をトータルで考えたとき、やはり加入した方がいいと思います。

借入額や返済期間から試算して、保険料は当初は年間11万円弱。保険料は毎年段階的に下がります。35年間支払うとして、平均の月額保険料は約5000円。定期保険で同様の保障を確保するよりも、おそらく割安となるはずです。

したがって、団信に加入するとして、住宅コストは計11万3000円。それでも毎月の貯蓄額は10万円をキープできるはず。「10万円できるでしょうか」とありますが、十分可能です。

今後、教育費が上がって、とくに幼稚園、保育園に通う時期はきびしいかもれませんが、小学校に入学すればそれも解決されます。また、教育費に合わせて、趣味娯楽費等を削るといったやりくりをすれば、それもペース維持につながるでしょう。

支出費目でどうしても気になるのは保険です。

終身タイプの保険に2本加入されていますが、この年払い保険料が計39万円。老後資金づくり、もしくは教育資金づくりとして加入されているのかもしれません。

しかし、保険商品ですから、保険料の一部は保険コストに使われています。現金で貯めた方が、流動性もあり、合理的なのです。

したがって、この2本を払済保険します。これでボーナスからの支払いが40万円近く浮きますので、少なくとも支給額の半分、50万円は貯蓄に回せるはずです。

毎月の貯蓄と合わせて、年間170万円が貯蓄ペースとなりますから、10年間で1700万円。

大学費用に500万円(私立理系を想定)、それ以外の教育費(進学塾や私立高校進学など)として500万円と考えても700万円余ります。

手持ちに200万円残しても500万円繰上返済ができるというわけです。ちなみに、10年後に500万円を繰上返済に充てると(手数料は考慮せず)、5年2カ月返済期間が短縮できます。

◆アドバイス3:保険に頼らなくても貯蓄があれば問題はない
学資保険はあえて加入する必要はありません。定期預金で、必要な時期までに大学費用が貯まるよう積み立てていけば十分。ただし、より確実に貯めたいのであれば、満期のある保険商品として、学資保険を利用してもいいかと思います。

保険についてはさらにいえば、奥様に保障がありません。もし持病で加入できない、あるいは保険料が割高になるというなら、未加入でも構わないでしょう。

そもそも保険は万能ではありません。例えば医療費がかっても、それを捻出できるだけの貯蓄をしておけばいいのです。

その貯蓄ですが、先のペースが定年まで維持できれば、数回の繰上返済で住宅ローンを60歳完済にして、さらに10年後、20年後に発生する住宅の補修費用を支払っても、定年までに2000万円前後は現金が残るはず。それに退職金を加えた金額が、とりあえずの老後資金となります。

これで足りるかどうかは、まだわかりません。20年以上先の話ですから、不確定要素が多いのです。

しかし、どのような状況でも、有効な老後対策はあります。それは、ご主人が60歳以降も働くことです。もし奥様も働ける条件等が整えば、やはり働く。

収入の額よりも収入を得る、そのことが重要です。そして、そのために今から健康に留意して、毎日を明るく元気に過ごしていくことです。

教えてくれたのは……
深野 康彦さん  

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文/清水京武

文=あるじゃん 編集部