SuperM、米テキサス公演で超満員のオーディエンスを魅了

「K-POP界のアベンジャーズ」と称されるSuperMが、現地時間11月11日、アメリカのテキサス・フォートワースにあるディッキーズアリーナにて北米ライブ公演「SuperM We Are The Future Live in Fort Worth」を開催した。

この日彼らは、10月4日に発売した初ミニアルバム「SuperM」のリード曲である「Jopping」をはじめ「I Cant Stand The Rain」、「Super Car」、「2 Fast」、「No Manners」などの収録曲を含む計16曲を約2時間に渡り披露し、高い完成度のステージと感覚的な演出が合わさった公演で「スーパーシナジー」を届けた。さらに、この公演ではSuperMの新曲「Dangerous Woman」と「With You」のステージが公開されただけでなく、各メンバーの個性と魅力の際立ったソロステージも楽しむことができたという。

SuperM 텍사스 공연 이미지1.jpg

オーディエンスは終始曲を口ずさみながら熱い歓声を送るなど積極的に公演を楽しみ、公演終盤にメンバーたちは「ファンのみなさんと素敵な想い出を作ることができて嬉しい」、「ファンのみなさんのおかげで、ビルボード1位になれました。これからも良いアルバムでみなさんに楽しさを感じてもらえるようなアーティストになります」と感想を伝え、場内は歓声でいっぱいとなった。
 
SuperMは、この後もアメリカおよびカナダの都市で計10回に渡る初の北米ツアーを控えており、ライブの熱気を繋いでいく。