田所あずさ、初のアリーナワンマンライブ! 「忘れらんねえよ」柴田隆浩も登場、熱狂ライブ模様をチェック!!

声優としてもアーティストとしても活躍をみせる田所あずさが、26歳の誕生日当日である2019年11月10日(日)、片柳アリーナにてワンマンライブ『AZUSA TADOKORO SPECIAL LIVE 2019~イコール~』を開催。大盛況の中、幕を閉じた本ライブの熱狂レポートをご紹介しよう!

ワンマンライブとしては自身初のアリーナ開催となった今回。アーティストデビューから丸5年を迎え、6年目に突入した成長と魅力を存分に発揮した全19曲を披露。
”タドコロック”と称されるパワフルかつ情熱的な歌声とパフォーマンスで、集まった観客やバンドメンバーと一緒にライブを作り上げた。

初のアリーナライブ、そのオープニングを飾ったのは『ギミーシェルター・ブライトネス』。いきなりフルスロットルでライブの火蓋が切られると、疾走感たっぷりに『1 HOPE SNIPER』(TVアニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』前期エンディングテーマ)、抜群の格好良さで『spit out』と畳み掛けていく。
磨きのかかった歌唱力やパフォーマンスは広大なアリーナをものともせず、観客もクラップや掛け声でそれに応えていった。



冒頭から激アツのステージを繰り広げた田所は、MCになると一転して親近感のあるトークを展開。そして、アリーナでのライブを噛みしめて欲しいと、『絶対的Rock Star』『DEAREST DROP』(TVアニメ『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』オープニングテーマ)を激しく情感豊かに熱唱する。
続く「リトルソルジャー」(TVアニメ『転生したらスライムだった件』エンディングテーマ)では澄んだ歌声が世界観を紡いでいき、曲によってさまざまな表情をみせてくれた。



ライブ中盤はアコースティックコーナー。ロックと同様にアコースティックで静かに歌うのも好きだという彼女は、「僕は空を飛べない」をギター1本の伴奏で優しく歌い上げる。さらに、20歳の誕生日にいただいた大切な曲「ツボミノコエ」で、ありがとうの気持ちを届けていった。

歌い終わり、改めて「26歳になりました!」と報告。最近は髪をショートにして新たな魅力も開花させた田所だが、事務所の後輩から「田所先輩って人妻的な色気がありますよね」と言われ複雑な気持ちになったこともあったと笑う。

そして、彼女のリクエストで直前にセットリストに入れた『スペクトラム ブルー』(最新シングル『RIVALS』カップリング曲)や、メロウなバラード『スロウリグレット』での暖かく力強い歌声が観客を包み込んでいく。



「ぶちかましていきますけど、ついてこれますか!」と、ライブはラストスパートに突入。『Come on,A-Z!!』『Its my CUE.』で怒涛のステージを繰り広げ、『あずさ2号のテーマ』ではバックバンド「あずさ2号」の神田ジョン(Gt/バンマス)、長澤トモヒロ(Gt)、岩切信一郎(Ba)、MIZUKI(Dr)、篠崎恭一(Mp)が躍動。熱く華麗な演奏が田所の歌声と合わさり、さらなる激しさとなって心を踊らせた。

勢いそのままに『ストーリーテラー』で会場の興奮が最高潮に達すると、本編ラストは今回のライブタイトルであり、一般公募した”田所コーラス隊”もレコーディングに参加した『イコール』。この曲はライブによって完成すると話していたように、田所とバンドメンバー、そして観客がひとつになって本当の意味で「イコール」が完成した瞬間だった。



アンコールでは芋ジャージ姿で飛び出した田所が、楽しさいっぱいに『POSITIVE SHAKING』を披露。
自身のネガティブさとは裏腹に会場をポジティブな気分に染め上げたかと思えば、速攻でライブTシャツに着替えて再登場。なぜ芋ジャージだったのかは、『POSITIVE SHAKING』のMVを見て欲しいと笑っていた。



ここで観客と一緒に写真を撮るためカメラマンを呼びこむと、どこからともなく「明るく元気に〜」との歌声が。なんと、誕生日をお祝いするために「忘れらんねえよ」の柴田隆浩がサプライズで登場。
一瞬何が起こったのかわからない様子の田所だったが、柴田が作詞・作曲した『ころあるき』をデュエットして大感激。さらに、観客やスタッフ一同が寄せ書きをした巨大なフラッグも登場して、みんなで26歳をお祝いした。



「好きなアーティストさんがライトに照らされているだけで多幸感があった」と嬉しさをにじませる田所。
そんな多幸感いっぱいにTVアニメ『神田川JET GIRLS』のエンディングテーマ『RIVALS』を歌い上げると、ラストは「純真Always」。熱く激しく、何より楽しさ溢れるステージにはアーティスト田所あずさの魅力が凝縮されていた。

正直、初のアリーナライブでの緊張や、自分のライブに価値があるのか不安もあったという。そんな彼女の目には安堵感からか涙が浮かぶ。そして、みんなともっと楽しんでいきたいと前を向いて、記念すべきライブを締めくくった。

なお、今回のライブの模様は、2019年12月20日(金)23:30から、『MUSIC ON! TV(エムオン!)』にて放送される。
”タドコロック”の境地を切り拓いていくアーティストとしてのパフォーマンスと、彼女自身のパーソナルな魅力を存分に感じてもらいたい。

(C)ホリプロインターナショナル