エアロバティック同乗飛行体験記|ワールドチャンピオンと、大空へ。

そのチャンスは突然やってきた。「室屋選手の同乗フライトに興味はありますか?」とブライトリング・ジャパンから大変魅力的なお誘いをいただき、「あります!」と自分のスケジュールを確認することもなく即答した私。室屋選手とは、そう、日本のエアレース界の第一人者である室屋義秀選手その人だ。2009年からレッドブル・エアレースに参戦し、地元日本の千葉大会を3度制し、2017年のワールドチャンピオンにもなっている、あの室屋選手のフライトに同乗できるチャンスとあっては、何を躊躇うことがあろうか。万難を排してその日に臨むことにした。


ブライトリングは、アビエーションの世界観のアンバサダーとして、日本の航空界を代表するパイロットである室屋選手とパートナーシップを結び、彼の活動をサポートしている。ブライトリングの製品は「AIR」「LAND」「SEA」「プロフェッショナル」という4つの領域にわたる。なかでも核であり、その歴史において最も実績があるAIR、つまり航空分野のエアロバティックス/エアレースという領域で、日本で唯一、世界を舞台に戦う室屋選手はブライトリングにとっても絶好のパートナーだ。具体的には、日本国内での活動のスポンサードやブライトリング機(EXTRA 300LX)のサポート、レッドブル・エアレースの「Team FALKEN」テクニカルチームサプライヤーといった形でのサポートを行っている。

福島を拠点に活動し、地元に愛される
ブライトリング・ジャパンでは正規販売店でクロノグラフを購入した顧客を対象に、応募者の中から抽選で室屋選手が操縦するエアロバティック飛行を体験できる機会を定期的に設けている。この「クラブ・ブライトリング チャレンジ・フライト」は室屋選手の拠点、ふくしまスカイパークで開催された。もとは農産物空輸のために作られた農道空港だったが、使用頻度が極めて低かったためにその用途は廃された。現在では消防や警察のヘリコプターの訓練に使用されるほか、室屋選手のトレーニング拠点として、さらには室屋選手が特別講師を務める、航空をテーマにした体験プログラム「空ラボ」の会場にもなっている。


「空ラボ」とは次世代に向けた未来創造プログラム。航空をテーマにした全5回の体験プログラムを通して、子どもたちが実際に見て、触れて、五感をフルに使いながら、自分の中にある知的好奇心や興味を引き出し、目標達成に向けてのプロセスを考えていく。仲間の協力が不可欠なときもあれば、自分でコツコツ継続することが必要だったりもするだろう。自ら見出した目標を達成するためには、自分を知ることが大切だし、自分を知れば知るほど理想の未来像に向かって具体的な行動に移すことができる。たとえば、漠然とパイロットに憧れている少年が、体験し行動するなかで航空領域の別の仕事に興味を持ち、自分に向いているのはパイロットではなくエンジニアだと気づくかもしれない。

このように無限の可能性を秘めた子どもたちが、「本物」を知ることで理想の未来を描くことができるよう導いていくのが「空ラボ」だ。導くといっても「教える」のではなく、個々が持つ力を「引き出す」のだという。「空ラボ」を運営するのは室屋選手が代表を務める”パスファインダー”、その意味するところは「開拓者」。自ら道を切り拓き、ワールドチャンピオンを獲得した室屋選手の「今までいただいたものを次世代に繋いでいくことは自然の流れだと思います」という思いと共に、いつの時代も開拓者であれ、という精神がこのプログラムには込められているのだと思う。


他にもふくしまスカイパークでは室屋選手のデモフライトやエアショーなどの各種航空イベントが開催されている。私がその日に乗車したタクシーの地元ドライバーが「今日は室屋さんには会えましたか?ここで活動してくれているから、イベントのときにはファンがたくさん集まって地域が賑やかになるんです。ありがたいことです」と我が町の誇りのように語っていたのも、彼の活動が地元に根付き愛されている証拠だろう。



いざ、エアロバティック飛行体験へ
同乗体験フライトは、機長のブリーフィングから始まった。室屋機長が、搭乗に際しての注意事項や予定している飛行内容について説明。未知の体験に緊張は高まるかと思いきや、室屋選手の優しい眼差しと穏やかな言葉遣いはこちらの昂る気持ちをむしろ落ち着かせてくれる。なるほど、信頼感とはこうやって生まれるのかと、安心して身を委ねることにした。



ブライトリングのネイビー×黄色のカラーリングが眩い、あたらしい複座式の機体。その前席を体験フライトのために使用するのはこの日が初めてとのこと。機長は後席に、私は前席に。離陸後はまずは景色を楽しむかのように「紅葉がきれいですね」など和やかに話しながら上昇する。このときはまだ身に着けたブライトリングの代表的モデルであるナビタイマーの文字盤を見て時刻を確認する余裕もあった。大空で遮るものがないキャノピーの中、陽射しが眩しい上空でも視認性の良さを確保する両面無反射コーティングとはこういうものかと、あらためて知ることができた。



世界初の航空計算尺付きクロノグラフとして1952年にデビューしたナビタイマーは、パイロットからの絶大な信頼を誇る。着用モデルはナビタイマー オートマチック 38。ケース径は38mmで女性の腕にもフィットする。

雲を抜け5000フィート以上へ達したところで一瞬降下し、フワっと無重力の状態になる。この際にシートベルトで体がしっかり固定されているかどうかをチェックする。体はしっかりシートに固定されていることが確認できたので、いざエアロバティック飛行体験の始まりだ。

ちなみに機長は後席で操縦するためメインの計器はすべて後席に備わる。しかし私が乗った前席にも簡易的な計器があり高度や傾きを知ることができるほか、機長の動きに連動する操縦桿とペダルも装備されている(もちろん前席で操縦桿を握ることはご法度)。つまり、室屋選手がどのように操縦しているかを、操縦桿やペダルの動きを通してこの目でも見ることができるのだ。


話をエアロバティック飛行に戻そう。宙返りはもちろん、各種ターン、360度のロール、90度ごとのロール、錐揉みなど、緩急を付けながらさまざまな技を体験することができた。懸念していたGについては、私の場合は室屋選手曰く最大で4G程度とのこと。「いまからちょっとGがかかりますよ」という機長の呼びかけに、グッと下腹に力を入れて堪える。少し気を許すと、首がガクンガクンと揺れてしまう。




レッドブル・エアレースでの最大重力加速度は12Gというから、おそらくかなり手加減してくれたと思うのだが、身体への負担は相当かかっていたに違いない。搭乗中はときに「キャー」などと叫んで、その貴重な体験を満喫していたにもかかわらず、約5分のフライトを終えて地上に戻ってからは、身体の調子が何かおかしい。身体のどこか違うところに偏ってしまった内臓や血液が、じわりじわりと戻ってくるような感触だ。例えるなら、コーナリングやブレーキングでエンジンオイルが偏ってしまったような感じだろうか。


このようにフライト中のみならず、フライト後まで影響を及ぼすGに耐えうる身体づくりはもちろん日頃の鍛錬の極みだろうが、精密機器である腕時計づくりはさらに言うに及ばず。世界の航空史とともに歩んできたブランドならではの技術と性能を、パイロットは信頼するのだということを実感した。世界の大空を飛ぶ室屋選手、それを支えるチーム力、チームをバックアップするパートナー、皆の信頼関係があるからこそ、総合力として最大限のパワーを発揮することができるのだ。



世界王者のこれからのビジョン
レッドブル・エアレース自体は2019年で幕を閉じたが、室屋選手が現在いちばん力を入れている活動は航空文化啓蒙活動(具体的にはエアショー活動)と未来創造活動(空ラボ)だ。近い将来のビジョンを問うと「(個人的には)競技活動を続けていくこと」。そして遠い未来のビジョン(5年、10年スパン)は「未来創造活動」。年齢を重ね、がむしゃらな時は少し過ぎて、次の世代を育成していくことに力を入れていきたいと考えるようになったのかと思い、そのように訊ねたところ「今でも、競技の時はいつもがむしゃらです」という。20年以上にわたり活動を続け、ワールドチャンピオンに上り詰めてもなお、新たな高みを目指してがむしゃらでひたむきに使命に立ち向かう姿は同世代としては刺激にもなり、心強くもある。



室屋選手と「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」
室屋選手にとっての「空」は「住処」だという。当然ながら航空界のイメージが強い室屋選手だが、オクタン編集部としては車とのエピソードも気になるところ。果たして「運転が好きで、草レースにも挑戦していました」「最長24時間耐久レースにも出たことがあります。その時は、中古の古いレースカーを買ってきたので、あちこち壊れて、レースの途中に部品を買いに行ったりしたので(24時間中)6時間くらいは止まっていたが、完走しました」というから、車も相当お好きだとお見受けした。

そんな室屋選手が、モータースポーツの最高峰で活躍する3人の”スクワッド”イベントに登場する。”それぞれの分野のトップで戦う3人がチームを組み、共通のミッションに挑戦する”というブライトリングのスクワッド・コンセプトから誕生した日本独自のチーム「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」。メンバーは室屋選手と、2017年インディ500の覇者である佐藤琢磨選手、MotoGPで活躍する中上貴晶選手の3名だ。この3名が一堂に集まるイベントが12月8日(日)に開催される。


このイベントは二部構成で、SESSION1の「レーサーズ・セッション」ではトップカテゴリーで世界と戦う3名が今シーズンを振り返り、戦いの舞台裏や世界へ挑む心境などを語る。SESSION2の「ドリーム・セッション」は、未来を担う子どもたちに向けて、夢の大切さ、夢の実現方法などをテーマに語るもので、レーサーへの質問や撮影会など子どもたちとの交流も予定しているとのことだ。入場は無料で、抽選による150組の招待制。エントリーは2019年11月20日(水)まで。詳しくは下記URLにてご確認いただきたい。
https://ja.breitling.co.jp/event/japan_racers_squad/index.php

取材協力:ブライトリング・ジャパン
https://www.breitling.co.jp/


Words: Octane Japan Photography: BREITLING JAPAN, Takeshi TAKAGI (SIGNO), Katsunori KISHIDA