広瀬アリス「全体的に大人っぽく撮影した」カレンダー発売記念イベントに出席

広瀬アリスが9日(土)SHIBUYA TSUTAYAにて行われた2020年版カレンダーの発売記念握手会イベントに出席した。
現在「アナザースカイ」(日本テレビ系)のMCを務めている広瀬アリス。12月には主演ドラマ「探偵が早すぎるスペシャル」(読売テレビ・日本テレビ系)が放送され、来年1月には出演映画「AI崩壊」公開されるなど、女優としても充実した活動を続けている。

イベント前に開催された記者会見に出席した広瀬は、森、砂漠、海などの壮大なロケーションを舞台に行ったカレンダーの撮影について「8月上旬に行いまして、天気もすごくよかったですし、みなさん知っているチームだったので、ワイワイ撮影して本当に楽しかったです」と笑顔で振り返った。

カレンダーは<壁掛けタイプ>と<卓上タイプ>が同時発売されるが、お気に入りのカットを聞かれ、<壁掛けタイプ>では、白い衣装の写真を紹介し、「一番最初に撮ったんですけど、スタートが良いと、あとのカットもすごくテンションが上がって楽しくできるので、その印象が強かったですね」と語った。

一方、<卓上タイプ>から選んだカットは「撮影がめちゃくちゃ盛り上がった」そうで、「撮られているこちらもそうなんですけど、スタッフさんも褒めてくださって、思った以上に撮影していました。一番時間が長かったです(笑)」と、スタッフ含めみんなが大絶賛だったことを明かした。
広瀬アリス
お気に入りのカットを見せる広瀬アリス

今作は「全体的に大人っぽい感じで撮影した」というように、ドキっとするような視線や肌を見せたポージングも収録。記者から「きつい体勢だった?」と聞かれると、「いつも家の隅っこで体育座りをしているので大丈夫です(笑)」と笑わせつつ、「(カメラマンから)このカットは色気があるねって言っていただきました」と出来栄えに自信を見せた。

「カレンダーをどこに飾ってほしい?」という質問には、「リビング、トイレ、玄関、寝室…全部屋!」と即答。「目に付くところに貼っていただければありがたいです」とはにかんだ。

2019年も残すところあと約2カ月となり、「今年もいろんなたくさんの経験をさせていただいて、女優として得るものがたくさんありました。三谷幸喜さんとの出会いもそうでしたし、忙しかったんですけど、とても充実していて良い一年だったなと思います」と笑顔で振り返った広瀬。プライベートも「やりたいことは全部やりました」とキッパリ。「家でみんなでごはんを食べたり、一人で沖縄へ遊びに行ったり。バナナボートに乗って楽しかったです(笑)」と悔いのない日々を過ごせたという。2020年に向けては「相変わらずマイペースにがんばっていきたいです。目の前にあるお仕事を全力でがんばりたいなと思っております」と抱負を語った。

最後は、握手会イベントを待ちわびるファンへ「今年もカレンダーを出すことができてとても嬉しく思います。普段は、なかなかファンの方と触れ合える機会がないので、今日は短い時間ですが、ぜひ楽しんでいっていただきたいです」とメッセージを送り、会見をしめくくった。
広瀬アリス