2019 日本自動車殿堂 歴史遺産車 4台が決定!

11月8日、JAHFA 日本自動車殿堂 2019 歴史遺産車が発表された。


特定非営利活動法人日本自動車殿堂が選んだ、2019 日本自動車殿堂 歴史遺産車は以下の4台。
選考理由とともに掲載します。


三菱A型(三菱甲型) (1918年)



三菱A型は、日本で最初の量販車とされている。1918年に図面や知識、工具もない中で、当時の欧州車を分解・研究し、部品を一から自作するとともに、設計から生産、販売、さらにアフターサービスまでを視野に入れながら量産化の模索が行われた。その先見性と努力が結晶となった三菱A型は歴史に残る貴重な名車である。



いすゞエルフ TL151 型 (1959年)



いすゞエルフは、1959年の発売以来、60年にわたり、積載量2~3トンクラスキャブオーバートラックのトップブランドとして君臨してきた。その初代TL151型は高い積載性と優れた運転席設計に加え、経済性と高出力、信頼性に優れたディーゼルエンジンを搭載し、その後の小型トラックのディーゼル化の流れを牽引した歴史的名車である。



ヤマハ スポーツ SR400 (1978年)


(写真はSR500)

ヤマハスポーツSR400は、1978年の発売以来40年にわたり、単気筒エンジンの中型免許で乗れるバイクとして、独特の味わいと魅力をライダーたちに提供してきた。2度の排ガス規制の壁を乗り越え長期にわたり生産を継続し、世界でも貴重なロングセラーバイクとして評価される歴史に残る名車である。



マツダ/ユーノス ロードスター (1989年)



マツダ/ユーノスロードスターは、変わらぬコンセプトを維持しながら、四代にわたり作り続けられてきた。累計生産台数は100万台を超え、ライトウェイトスポーツカーとしての世界記録をいまなお更新し続けている。魅力的なスタイリングやクルマを操る楽しさを提供し、日本の技術水準の高さを世界に知らしめた歴史的名車である。