串田アキラ、デビュー50周年記念アルバム発売!アニメ・特撮・CMソングと50年走り続ける歌への想い〈後編〉

1969年のデビューから50年…『太陽戦隊サンバルカン』『宇宙刑事ギャバン』『戦闘メカ ザブングル』『キン肉マン』といった特撮・アニメ番組主題歌に加え、「富士サファリパーク」などのCMソングを数多く歌ってきた歌手・串田アキラ。デビュー50周年記念ベストアルバム「Delight」に収録される曲を中心に、歌手としての50年間、そして歌に対する想いを聞きました。今回は後編をお届けします。


◆アニメ曲もCM曲も串田節炸裂!

ーー『戦闘メカ ザブングル』以降、アニメの主題歌も増えましたね。アニメ曲は特撮曲と違う部分はありますか?

串田 曲自体みんな格好よかったので、全然違うとは思わなかったですね。強いて言えば、『キン肉マン』は変わってましたけど(笑)。これはヒーローの顔じゃないとかいろいろ思いつつ、EDの「肉・2×9・Rockn Roll」も面白い曲だったし。「キン肉マン Go Fight!」のほうは、けっこう好きに歌い上げましたね。「愛がなければ」とか、そういうところとかですね。

ーー『キン肉マン Go Fight!』は格好いいけど、面白いところもあります。

串田 絵を見ちゃってるから、歌うときもどちらかというとそっちになってくるんですよね。「愛がなければ」って歌ってるんですが、あの絵が浮かんでくるんです。そうなるとやっぱり、でもその中でも楽しく歌わなくちゃっていうのがありましたね。あとは『ザブングル』の歌詞の内容、すごくいいんですが、難しかった。レコーディングの時、どういう意味なんだってわからなかったんですね。動かない絵しかなかったですから。やっぱり、作品を見ないとよくわからないなって。OPの「疾風ザブングル」は勢いで歌ったんですが、EDの『乾いた大地』はどういうことなんだろうって思いながら歌っていましたね。

ーー『ザブングル』は、一度滅びた地球で人間たちがまた…っていう話ですからね。

串田 そうなんですよね。すごいことが起きてるっていう状態の後だから、人間味のある曲かなと思って歌いました

ーー他にもいろいろな特撮、アニメ番組の主題歌を歌われていますが、串田さんが記憶に残っているというか、そういう曲はありますか。

串田 『宇宙刑事シャリバン』の「強さは愛だ」には思い出があります。『サンバルカン』のバルパンサーのスーツアクターの方が大怪我をして再起不能と言われてたらしいんですが、病院でいつも「強さは愛だ」を聴いていて、すごく勇気が湧いたと。それでスーツアクターとして復活して。40周年ライブのときにもステージに来てくれて、バク転やってたりしてくれました。力になれてよかったなって。ほかにも、スーツアクターの方や役者さんでもいろいろな、海外ロケに行ったときに、過酷な現場でホームシックにかかっちゃう。そういうときに僕の歌を聴くと、「立ち止まるな、弱音をはくな」という歌詞がぐさっと来て励まされたとか、そういうことを言ってくれますね。

ーー本当にそうですね。このへんの曲は自分も聴いて、勇気をもらうことがあります。そんな曲がたくさん収録されているアルバムの中には「富士サファリパークCMソング」も収録されています。

串田 そうですね(笑)。『キン肉マン』の歌を知らない人も、これは知ってるかもしれないと思ってね。イベントなどで歌うと「あ、これ知ってる」ってなるんですよ。年代によって、特撮とかアニメとかそういうのを全然知らない方も、たとえばお子さんとかお孫さん連れで来てる年配の方もいらっしゃるんですよ。そういう時にそういう曲をやると「ああ!」ってなったりしますね。富士サファリパークの開園から、やっていますからね。来年、40周年なんだそうです。ずっとテレビで流れて、だから知っている方も多いのは、ありがたいです。

ーーなるほど。CMソングは昔から現在まで、いろいろやられていますよね。

串田 相当やりましたね。そんなに長い曲はなかったですが、商品名、ロゴだけわーっと言ったりとかそういうのは多いです。

ーーCMソングというのも難しいんじゃないかなと思うのですが。

串田 たとえば商品だったり、場所だったり、そのイメージとかそういうのを考えるんですけれど、まだ商品もないし、行ったこともないし。そこが難しかったですね。昔は力強い、トラックとかそういうのが多かったです。お菓子は、僕の声だったら美味しそうにならないんじゃないかな(笑)。あまり「わーっ」って言ったら。まあ「チョコモナカジャンボ」とかは、迫力のある感じでやりましたね。

ーー最新のCMソング『サッポロ 麦とポップ』の「僕らのうまさはここにある」も収録されています。

串田 これはやっぱり美味しそうに歌わないと(笑)と思って歌いました。やっぱりCMソングは、商品っていうのを大事にして歌わないとダメなんだなって、改めて思いました。

ーーテレビで自分のCMが流れてきたりするとどんなお気持ちなんですか?

串田 やっぱり最初は照れますね。でもだんだん慣れてくると、やっててよかったなって思いますね。あとは、商品が売れてくれたらいいなとか(笑)。



◆50周年を迎える串田さんの歌への想い

ーー50周年ということですが、ここ数年も新曲がたくさんあって、こんなに精力的にやられているというのは、すごいな、超人なのかなと思います。

串田 まあ、何とかね。やっぱり50年歌ってるからって衰えたなとか、そういう風には自分でもしたくないし。やっぱり懐かしい曲も歌うわけですけれど、お客さんに「楽して歌ってるな」とか、「ちょっと衰えたな」とか、そう思われたくないんですよ。みなさんが最初に聴いた、パワフルな感じでいつまでもいきたい。どうせステージに立ってるなら、そういう風にしたいって、いつも考えているので。そこだけは、譲れないですね。僕の曲を聴いて育ってきた子どもたちが、今はこんなに大きくなって(インタビュアーを見て)。だからそういう人たちの夢のためにも、壊したくないですね。

ーーそのために体調管理など、何かやられていることはありますか。

串田 最低限、やっぱり鍛えないといけないところはやっています。歌手として、ここまでやっておけば歌えるなというところまで。あとはまあ、ちょっとひ弱になったら病気にもなったりすると思うので、体力は絶対つけるように食事にも気をつけていますね。

ーーステージは何度か拝見していますが、本当にパワフルです。

串田 もう、僕はそれだけが取り柄かなって思っているんですよ。それが無くなったら何もないので、そこだけは維持しておきたいですね。

ーーそして11月には、50周年記念公演がありますね。

串田 タイトルがアルバムと同じく『Delight』で、本当に楽しんでもらえるようにと考えています。40周年は40周年でいろいろ考えてやったんですが、今度は本当の意味での串田アキラ、歌手・串田アキラを楽しんでもらおうかなと思っています。みなさんで一緒に歌って、わーっと盛り上がってほしいし、とにかく楽しんでほしいっていうことで『Delight』(喜ばせる・喜ぶ)というタイトルをつけたんです。当然、自分も楽しみますけどね。本当、自分が楽しくなければ、みなさんに楽しんでもらえないので。僕もお客さんもスタッフも、全員で盛り上がりたいっていう感じですね。

ーーその前に、このアルバムをきいてもらってという感じですね。

串田 ぜひぜひですね! 当然前のアルバムも持ってるよっていう人もいるかもしれないんですが、これまで収録されていなかった曲もあるので!

ーーこれが全部収録されているのは強力過ぎますね。

串田 今回は僕の歌ってきた曲を、隅々まで聴いてほしいかなと思って集めました。50周年を迎えても、僕は毎日がスタートなので。いつまで経っても前向きにいきたいので、皆さんもいつまでもついてきてください。がんばります! ありがとうございます!


<串田アキラ Profile>
10代の頃から米軍のベースキャンプでドラムをたたきながらリズム&ブルースを歌う。
1969年「からっぽの青春」で東芝エクスプレスよりデビュー、 NHK「ステージ101」に出演。
1981年の「太陽戦隊サンバルカン」を皮切りに「宇宙刑事ギャバン」「キン肉マン」など、特撮・ヒーロー、アニメソングを中心に「富士サファリパーク」「ALSOK」などのCMソング、ゲームソフトのテーマなどで活躍。
2003年の「アバレンジャー」のエンディング・テーマ「We are th ONE〜ぼくらはひとつ〜」で親子三代に聞かれる歌手に。
2010年「仮面ライダーオーズ」変身ベルトの音声。2011年TVアニメ「トリコ」オープニングテーマを担当。
また2019年も アニメ『ジモトがジャパン』オープニングテーマを歌唱するなど、増々精力的に活動をしている。
国内に留まらず、海外にも積極的に活動の場を広げ、フランス、スペイン、ブラジル、パナマ、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、中国、インドネシアに招待され、各国で好評を博す。
力強く暖かい歌声で聴く人を魅了し続けている。

撮影・真下 裕(Studio WINDS)



<リリース情報> 
串田アキラ デビュー50周年記念ベストアルバム Delight
2019年11月6日(水)発売
COZX-1584〜5(CD2枚+DVD1枚) ¥4,000+税

【CD収録曲】
<DISC 1>
01.からっぽの青春 (1969)
02.Rollin Into The Night (『マッドマックス』1979)
03.太陽戦隊サンバルカン (『太陽戦隊サンバルカン』1981)
04.夢の翼を (『太陽戦隊サンバルカン』1981)
05.宇宙刑事ギャバン (『宇宙刑事ギャバン』1982)
06.星空のメッセージ (『宇宙刑事ギャバン』1982)
07.疾風ザブングル (『戦闘メカ ザブングル』1982)
08.乾いた大地 (『戦闘メカ ザブングル』1982)
09.ドラゴン・ロード (『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』1982)
10.キン肉マン Go Fight! (『キン肉マン』1983)
11.肉・2×9・Rockn Roll (『キン肉マン』1983)
12.炎のキン肉マン (『キン肉マン』1984)
13.宇宙刑事シャリバン (『宇宙刑事シャリバン』1983)
14.強さは愛だ (『宇宙刑事シャリバン』1983)
15.宇宙刑事シャイダー (『宇宙刑事シャイダー』1984)
16.ハロー!シャイダー (『宇宙刑事シャイダー』1984)
17.銀河のターザン (『巨獣特捜ジャスピオン』1985)
18.Grey?Carnival -伊吹園次郎の侵略- (『炎の転校生』1985)
19.ジライヤ (『世界忍者戦ジライヤ』1988)
20.空からひびく声 (『世界忍者戦ジライヤ』1988)
21.SHI・NO・BI88 (『世界忍者戦ジライヤ』1988)
■CMソング
22.Orange County (『小川珈琲』1980)
23.富士サファリパークCMソング (『富士サファリパーク』1980)

<DISC 2>
01.機動刑事ジバン (『機動刑事ジバン』1989)
02.吠えろ!ジバン (『機動刑事ジバン』1989)
03.希望の勇者ゲッP-エックス (PlayStation用ゲーム『70年代風ロボットアニメ ゲッP-エックス』1999)
04.We are the ONE 〜僕らはひとつ〜 (『爆竜戦隊アバレンジャー』2003)
05.神魂合体ゴーダンナー!! (『神魂合体ゴーダンナー!!』2003)
06.その名はガイキング ザ・グレート (『ガイキングLEGEND OF DAIKU-MARYU』2006)
07.ガツガツ!! (『トリコ』2011)
08.豪食マイウェイ!! (『トリコ』2013)
09.KA・MI・TSU・KE (『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』2013)
10.シュッシュッポッポ!トッキュウジャー (『烈車戦隊トッキュウジャー』2014)
11.宇宙刑事 NEXT GENERATION (『宇宙刑事 NEXT GENERATION』2014)
12.オレカ オマエカ 限界バトル (『オレカバトル』2014)
13.スペース・スクワッド (『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』2017)
14.究極の聖戦(バトル) (『ドラゴンボール超』2017)
15.ギャングラーズパラダイス (『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』2018)
16.The Laughing Salesman (CR『笑ゥせぇるすまん』2018)
17.銀河道中ヒザクリガー (『RobiHachi』2019)
18.あっぱれ!ジモトがイチバン!! (『ジモトがジャパン』2019)
■CMソング
19.サトームセン CMソング (「サトームセン」2005)
20.僕らのうまさはここにある (「サッポロ 麦とホップ」2019)

【DVD収録予定内容】
■デビュー40周年記念ライブ「夢中者(むちゅうもん)」(2009年10月17日 渋谷 O-EAST)より
01.チェイス!ギャバン
02.太陽戦隊サンバルカン
03.ジライヤ
04.機動刑事ジバン
05.しあわせの限界
06.A Change Is Gonna Come
07.強さは愛だ
08.宇宙刑事シャイダー
■キッズステーション「アニぱら音楽館」より
09.神魂合体ゴーダンナー!!  (2004年12月19日放送)
10.宇宙刑事ギャバン (2007年10月3日放送)
11.疾風ザブングル (2009年9月20日放送)
12.We are the ONE 〜僕らはひとつ〜 (2009年9月20日放送)
13.富士サファリパークCMソング (2009年9月20日放送)
14.空からひびく声 (2009年9月20日放送)
■ミュージックビデオ
15.ガツガツ!!
16.豪食マイウェイ!!
17.NEVER GIVE UP!〜CHANCEは何度でも何度でも〜(北電子 ジャグラーソング)

                   
<配信情報>
サッポロ 麦とホップCMソング「僕らのうまさはここにある」
10月16日(金)より、主要配信サイトにてダウンロード配信スタート!

<ライブ情報>
串田アキラ デビュー50周年記念公演 〜Delight 2019〜
日程:2019年11月17日(日) 開場16:30 開演17:00
会場:よみうり大手町ホール


★串田アキラ 公式サイト http://www.snowkey.net/Qu-cy/
■日本コロムビア 串田アキラ情報ページ https://columbia.jp/artist-info/qu-cy/