【スリムベゼルモニター】おすすめ商品7選|PCショップ元店員が選び方のコツを解説

【この記事のエキスパート】

家電量販店&PCショップの元店員・編集者:花華

家電量販店&PCショップの元店員・編集者:花華

家電量販店とPCショップ店員の経験を経て、編集者に。
普段は真面目なビジネス書や社長インタビューを行う傍ら、給与の半分近くを新作家電に投じる。
特に美容家電や調理家電、オフィス用品、1万円以下で購入できるガジェットにはついつい食指が伸びてしまう。
趣味に近い家電愛を、読者のみなさまの商品選びに生かせましたら幸いです。


PCショップ元店員が選ぶスリムベゼルモニター7選をご紹介します。画面のフチがとても細いのが特徴のスリムベゼルモニター。画面がモニターいっぱいに表示できる分大きなサイズの商品が選べます。でも、ひとくちにモニターといっても、どれが自分に合っているのかわかりづらいですよね。そこで本記事では、PCショップの元店員の花華さんにお話をうかがい、スリムベゼルモニターの選び方のポイントとおすすめ商品について教えてもらいました。本記事を参考にして、お気に入りの1台を見つけてみてください。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

スリムベゼルモニターの選び方|PCショップの元店員に聞く

PCショップの元店員の花華さんに、スリムベゼルモニターを選ぶときのポイントを教えてもらいました。スリムベゼルモニターを選ぶ際には、どのような点に注目するとよいのでしょうか?

デスクのサイズに合ったインチ数を選ぶ

【エキスパートのコメント】

自室でL字型のテーブルがある場合と、リビングの一角にパソコンを置いている場合では、置けるディスプレイの大きさは変わってきます。置き場所にあまり困っていないのであれば、27インチや32インチといった大きなディスプレイを選ぶのがおすすめ。大画面で動画やゲームを楽しめます。

置き場所が省スペースなら、23インチ以下のコンパクトなモデルを選ぶとよいでしょう。モニターを2枚隣り合わせにしてデュアルディスプレイとして使う場合は、あまり大型パネルを選ばずに23インチ以下のモデルを複数購入するのがおすすめです。

I-O DATA『広視野角ADSパネル採用 23.8型ワイド液晶ディスプレイ(EX-LD2381DB)』:

出典:Amazon

パソコン用のモニターとしては一般的なサイズの23.8インチワイドディスプレイ。正面だけではなく、下から見ても横から見てもきれいに見える。

らくな姿勢でも楽しむなら駆動方式はIPSがおすすめ

【エキスパートのコメント】

リクライニング機能がついた椅子に座ってパソコンに向かっていると、背もたれを倒しながら画面をゆっくり見る瞬間もあるはずです。見る角度が一定でない場合は、斜めから見てもきれいに映るIPS方式のモニターがおすすめ。リラックスした姿勢からでも動画を楽しめます。

正面からしか見ないというのであれば、VA方式をはじめとする、モニターでもあまり違いはありません。機能面やコスト面で比較するとよいでしょう。

接続できる端子の種類や数をチェック

【エキスパートのコメント】

パソコン以外にもゲーム機やブルーレイレコーダーなど、さまざまな機器につなげて使うのであれば、どの端子に対応しているのかを抑えておきましょう。複数の機器を同時接続したい方は、HDMI端子が複数ある商品がおすすめ。抜き差しをする必要がないようにすると、ストレスがすくないですよ。

パソコンをつなぐ場合はDVI端子かHDMI端子を搭載していれば使えますが、古いパソコンだとD-Sub端子を使用することもあります。使用している機器からどの端子が伸びているかを確認してから、商品選びをするようにしてください。

BenQ『23.8インチ アイケアディスプレイ(GW2480)』:

出典:Amazon

据え置き型のゲーム機やブルーレイプレイヤーなどでよく使われているHDMI端子に対応したスリムベゼルモニター。スピーカーも内蔵。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)