石橋貴明が語る“チーム論”「同じ目的意識を持っていないと…」
TOKYO FMの生放送番組「鈴木おさむと小森隼の相談フライデー」。放送作家の鈴木おさむと小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が“相談員”となり、リスナーの人生相談にコンサルしていきます。11月1日(金)の放送は、ゲスト相談員として石橋貴明さんが登場。相談員の2人とともに、リスナーの悩みに応えました。

左から鈴木おさむ、石橋貴明さん、小森隼



<リスナーからの相談>
仕事に関する相談です。私は老人施設で管理栄養士の仕事をしています。各施設に1人ずつ配属されているため、他の会社の方とチームを組んで仕事をしたりするのですが、なかなか同じベクトルで仕事ができません。また、今回チームのリーダーをつとめて、より一層、皆が1つになる難しさを実感しています。どうやったら同じ方向を目指して頑張れるようになるか、アドバイスをいただけると嬉しいです。(ラジオネーム:あやさん 28歳 女性)

おさむ:石橋さんは、これまで数々の番組をやられてきて、チームをまとめてきたと思います。今回、新たに結成した「B Pressure(ビープレッシャー)」(石橋さんが元・野猿のTeru(平山晃哉)さん、Kan(神波憲人)さんらと共に結成した新ユニット)は3人ですけど、 “チーム”をまとめる秘訣はなんですか?

石橋:(チームを“船”に例えて話しますが)リーダーがみんなに、どの最終到達点に“船”を持っていくかを明確に説明しないと。船を漕ぐ人、帆を張る人……船のなかには、いろんな仕事がありますが、どこの海の航路を、どのように進んで最終目的地に行くのかをハッキリしていないと。なかなか1つにはなれないと思うので、最終到達点を早めに明確にすることが1番でしょうね。

あとは、少数であればあるほど良いんですよね、何人もいるより。テレビ番組なんかでもそうだったんですけど、この業界に20年いようが、1年目だろうが、スタジオに入って「本番!」ってなったら、そこは全員プロですからね。“僕、まだ1年目なんで”とか、“半年なんで……”なんて言ってたって、“お前はこの仕事をやんなかったら、できねーだろう”っていう話になっちゃうので。なかに入ったら、全員同じ目標。

おさむ:人数が増えてくると、モチベーションが違う人も出てきますよね。ちょっと手を抜いたりする人がいたり。

石橋:“一事が万事”という言葉がありますけど、1人がなにかをして、バタバタといっちゃうときってありますよね。だから、同じ目的意識を持っていないと。特に、キツイときにグッって踏ん張ったり。

日本のラグビーを見ていても、(日本代表主将の)リーチマイケルが、1番キツイときにグッと行くじゃん。言葉ではなく。“みんな、ここで踏ん張らないと逆転されちゃうぞ”という意識を、みんな持つと思うんですよ。やっぱリーダーは、そこを見せなきゃいけないと思うし、1番踏ん張らなきゃいけないときに、“俺たちは同じ方向を向くんだ!”という姿勢がないと、なかなかつらいんじゃないかな。

あとは、サッカーの話を(サッカー元日本代表の)中田英寿くんとも、けっこうするんですけど。あるとき、中田くんが言ったんです。「タカさん。サッカーって90分間、11人が同じ目的意識を持ってできないんですよ」と。へばっちゃったり、走れなかったり。ちょっとみんなと違うことをやったら、そのチームはその瞬間から崩壊してしまう。だから、90分間ずっと、同じ意識で“こういうときは、こうやって回そう”とか、“こうやったら、こうやって動いてくれるだろう”と、常に動いているという。

おさむ:すごいですね、それ。

石橋:だって実際、レアル・マドリードなどの試合を見ていると、つま先10cmでボールに触るか触らないかの世界だもんね。あのぐらいのレベルだと。で、どこかで気が抜けちゃったりすると、その瞬間からほころびて失点したり。ワンプレーで変わってしまうことは、いくらでもあるので、やはり90分間、同じ目的意識でサッカーってできないんだと。

おさむ:ずっとは無理ですよね。ずっと、どんなに完璧でも。“永遠の完璧”ってないです。

石橋:ないです。俺、「(とんなるずの)みなさんのおかげです」は、永遠にやれると思ってたもん(笑)! 永遠なんてないんですよ(笑)。

おさむ:永遠はないですよね。

石橋:悲しいから、永遠により近づけることはできるけど。

おさむ:スタートがあったら、終わりはありますよね。

石橋:必ず。

11月8日(金)の放送は、脳科学・AI研究者の黒川伊保子(くろかわ・いほこ)さんをゲスト相談員にお迎えします。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:鈴木おさむと小森隼の相談フライデー
放送日時:毎週金曜12:00~13:00
パーソナリティ:鈴木おさむ、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/soudan/