冲方丁が描く「人間全体が失格した世界」 劇場版『HUMAN LOST 人間失格』完成披露上映会舞台挨拶

2019年11月2日(土)に第32 回東京国際映画祭の特別招待作品の劇場アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』完成披露上映会舞台挨拶が、都内にて行われた。舞台挨拶には花澤香菜(柊美子役)、木﨑文智監督、ストーリー原案・脚本の冲方丁が登壇。本作への思いを語った。


『HUMAN LOST 人間失格』は、破滅に至った一人の男の生涯を描く日本文学の金字塔、太宰治『人間失格』を狂気のSF・ダークヒーローアクションへ再構築した劇場アニメーション。『アフロサムライ』の木﨑文智を監督に迎え、スーパーバイザーに本広克行、脚本を冲方丁が担当。アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが務める。

拍手に迎えられ、白い可憐なワンピース姿で登場した花澤は「本日はお越しいただきありがとうございます」と集まった観客を前に笑顔で挨拶。続く木﨑監督、冲方も挨拶をし、舞台挨拶が始まった。


本作は北米で先行して劇場公開され、11月2日(土)が満を持しての日本での初お披露目。
大学では日本語日本文学科を専攻していたと明かした花澤は、以前より『人間失格』が好きだったと話し、「”今”関わることができてすごく嬉しかったです。(映画が)どういう風になるのか全く想像つかなかったので、どう描いていくのかワクワクしていました」と完成を心待ちしていた様子だった。

また、木﨑監督も「古典文学とSF を融合させることに、興味を惹かれて面白そうだなと思いました」と当時を振り返るも、「ただ、ひと筋縄ではいかないなとは思いましたが、冲方さんが参加されると聞いて、”何とかなるかも”と思いました」と笑みを見せました。

一方の冲方は、「大変すぎて覚えてないです」と苦笑い。続けて、ストーリーを考える上で、ポイントが2カ所あったと明かした。
「まず、『人間失格』というタイトルの解釈を人間全体が失格した世界を描くということ、これがSFになったきっかけでした。2つ目は、死がない世界を描くことで、逆に死を浮かび上がらせるというストーリーテリングにしたことです」と、冲方は本作の脚本における根幹を語った。

太宰治『人間失格』を大胆に再構築した本作だが、そのタイトルのイメージからは想像がつかない演出が多く盛り込まれている。
花澤、木﨑、冲方に”ここがヤバい”という箇所を訊くと「老人たちの怖さ」(花澤)、「世界観において、外国人から見た日本の”おかしさ”をあえて描いたところ」(木﨑)、「『AKIRA』のオマージュであるバイクシーン」(冲方)と、三者三様の回答だった。

さらに、解禁となった最新キービジュアルがスクリーンに映し出されると、現在までに公開されているビジュアルとは印象が違うデザインに、会場からは驚きや詠嘆の声が。
本作は11月29日(金)全国公開。一体どんな作品に仕上がっているのか、早く本編を観てみたい。


<キャスト>
大庭葉藏:宮野真守
柊美子:花澤香菜
堀木正雄:櫻井孝宏
竹一:福山 潤
澁田:松田健一
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香

<スタッフ>
原案:太宰治『人間失格』より
監督:木﨑文智
スーパーバイザー:本広克行
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
グラフィックデザイン:桑原竜也
CG スーパーバイザー:石橋拓馬
アニメーションディレクター:大竹広志
美術監督:池田繁美、丸山由紀子
色彩設計:野地弘納
撮影監督:平林章
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
主題歌:m-flo『HUMAN LOST feat. J. Balvin』(rhythm zone/LDH MUSIC)

(C)2019 HUMAN LOST Project