「ミイラ」とはいったい何なのか?。その謎に科学的に迫る特別展「ミイラ ~ 『永遠の命』を求めて」が東京上野の国立科学博物館(科博)にて2019年11月2日から2020年2月24日にかけて開催される。

  • 特別展「ミイラ」

    特別展「ミイラ」の会場は国立科学博物館 地球館地下1階 特別展示室

国立科学博物館 人類研究部 人類史研究グループ 研究主幹の坂上和弘氏は、今回の特別展について「ミイラに対して一般的に抱かれるイメージの多くは『気持ち悪い』や『怖い』だが、実はすごく壊れやすい。ちょっとでも温度を上げると壊れるくらいもろい。それを守ってきたのはどういった人たちなのか、死とは何か、そういったことを含めて、ミイラというものはいったい何なのかを知ってもらいたい。ミイラということで、インパクトが強く、気分が悪くなる、というところもあるかもしれないが、すべてを通して見てもらえれば、特別展として、何を伝えたかったのか、を分かってもらえると思う」と概要を説明。世界から集合したさまざまなミイラについて、科学の力を活用して見えた実像を通して、その存在の意義について理解を深めてもらいたいとする。

ミイラというと、中南米やエジプトのイメージが強いが、今回の特別展では、欧州や日本、オセアニアのミイラなども展示されている。展示は大きく「南北アメリカのミイラ」「古代エジプトのミイラ」「ヨーロッパのミイラ」「オセアニアと東アジアのミイラ」の4章構成となっており、それぞれの地域でどのようにしてミイラが生み出されたのかといった文化的背景や、ミイラの作り方の変遷なども知ることができる。

また、科博 特別展おなじみの音声ガイド(有料)は、全編を通して大沢たかお氏が担当するほか、同特別展の監修者である坂上氏や同じく科学博物館の副館長 兼 人類研究部長である篠田謙も特別解説員としてミイラ研究についての説明に登場する。音声ガイドでしか聞けない内容説明などもあるので、来場の際には借りて場内を回ることをお勧めする。

  • 特別展「ミイラ」

    現在分かっている中で、世界でもっとも早く人工的にミイラを作っていたと思われるチンチョーロ文化(チリ北部の都市アリカ近辺の海岸乾燥地帯で繁栄)。この子供のミイラは約5200年前のものであることが放射性炭素年代測定で判明している

  • ツタンカーメン

    ツタンカーメン王のミイラ(レプリカ)も間近に見ることができる

  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 古代エジプトの章では、ミイラを納めた棺の蓋や中身も間近で見ることができる。ちなみに神官であったペンジュを納めた棺に描かれた絵にどういった意味があるのかは音声ガイドの中で説明されている(目録にも記載があるので、音声ガイドを聞かなかった人も、そちらで内容を確認することが可能)

  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 人間のミイラだけではなく動物のミイラも。写真は古代エジプトのネコのミイラ。死後も一緒に暮らせるように、ということでミイラにして同じ墓に入れたと考えられている。古代エジプトではネコが非常に可愛がられており、ネコが死ぬと飼っていた家族は喪に服すために全員で眉を剃ったほか、ネコの共同墓地が用意されていたり、ネコを愛するあまり、戦争時に、敵軍がネコを描いた盾を持っていたことから、攻撃できずに負けたという逸話などがある

  • 特別展「ミイラ」

    日本初公開となるオランダの湿地帯から発見された2体のミイラ「ウィーリンゲメン」。当初この2人は男女のカップルと考えられていたが、1988年の分析から両方とも男性の可能性がでてきたが、詳細などは未だにわかっていない

  • 特別展「ミイラ」

    1683年に入定され、即身仏となった真言宗の高僧「弘智法印 宥貞」の入定ミイラ。普段は福島県石川郡浅川町の貫秀寺に安置され、地元の人々から慕われているとのことである(撮影の際は、即身成仏、つまり仏になられた存在でもあるので、一度、手を合わせてから、シャッターを切らせていただいた)

このほか、第2会場へ向かう途中には、これも特別展お約束の撮影スポットがある。今回は古代エジプトのミイラになってみよう、といったコンセプトで、ネメス(頭巾)、ヘカとネヘハ(いわゆる王杓)をあしらったパネルが用意されている。また、今回の特別展では、休憩スペースが第1会場の途中に用意されており、その奥に、自分の顔をベースにミイラのマスクをデザインしてくれる「ミイラマスクチェンジャー」が設置されている。ベースとなるデザインは2種類で、出来上がったデザインはQRコードでダウンロードすることができる(会場内は写真撮影、スマートフォンの利用が認められていないが、ここのスペースのみは使用が可能)。ただし1台しかないので、混雑時には行列ができる可能性もあるので、注意しておく必要があるだろう。

  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 科博 特別展おなじみの撮影スポット。今回は古代エジプトのミイラの気分が味わえるものとなっている

  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 第1会場の休憩スペース奥地に設置されている「ミイラマスクチェンジャー」。ベースとなるデザインは2パターン(ツタンカーメン王のマスク、中王国時代のミイラマスク)用意されており、自分の顔をあわせることで、世界に2つとないミイラマスクができあがる。出来上がった画像はQRコードが出てくるので、それを読み取ってダウンロードすることが可能

なお、同特別展の概要は以下のとおりとなっている。

  • 入場料(当日券):一般・大学生1700円、小中高校生600円(未就学児ならびに障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料)。当日割引券として、小中高校生2名以上の同時入場限定の「小・中・高校生グループ券」が1人につき500円、平日の15時以降に販売かつ当日入場限定の平日アフター3券が一般・大学生1500円、小中高校正500円でそれぞれ発売予定。このほか、「ゴッホ展」「日本・オーストリア友好150周年記念ハプスブルク展〜600年にわたる帝国コレクションの歴史」との相互割引も有り
  • 会期:2019年11月2日~2020年2月24日
  • 開館時間:9時~17時(金曜・土曜は20時まで。入場は各閉館時刻の30分前まで)。11月3日は20時まで開館、11月4日は18時まで開館
  • 会場:国立科学博物館(東京・上野)
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日。ただし2月17日は開館)および12月28日~1月1日(開館時間や休館日はいずれも2019年11月1日時点の情報)
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展「ミイラ」
  • 特別展の最後は、これもおなじみのオリジナルグッズの購入が可能な特設ショップ。ミニオンたちがモンスターに扮した「ミニオン・モンスターズ」やギャグ四コマ漫画「おしゅしだよ」など、コラボグッズも多数販売されているほか、出口付近には限定カプセルトイも。1回500円で全4種類のミイラのうちのどれかがでてくる

主催者の1社であるTBSによる『特別展ミイラ 〜 「永遠の命」を求めて』の紹介動画