【液晶テレビ保護パネルのおすすめ5選!】IT&家電ライターが選ぶ|パネルタイプ・ノングレアタイプも

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


液晶テレビの画面を保護する「液晶テレビ保護パネル」。本記事では液晶テレビ保護パネルの選び方をIT&家電ライターの秋葉 けんたさんが解説します。画面サイズのほか、アクリルタイプかフィルムタイプか、グレア(光沢)タイプか、アンチグレア(ノングレア)タイプかなど、製品の特徴もさまざまです。液晶テレビ保護パネルのおすすめ製品5選、売れ筋ランキングも合わせて紹介していますので、参考にしてください。

液晶テレビ保護パネルの選び方のコツとは? IT&家電ライターが伝授!

IT&家電ライターの秋葉 けんたさんに、液晶テレビ保護パネルを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

画面サイズだけでなく、機種専用タイプも視野に

【エキスパートのコメント】

液晶テレビは画面が汚れると映像がハッキリ見えなくなります。子供やペットが触ったり、おもちゃをぶつけて傷がつく可能性もあります。まずは保護パネル(保護カバー)を使って液晶画面を守りましょう。

当然、テレビの画面サイズに合わせて選択します。小さすぎると画面を保護しきれませんし、逆に大きすぎるとスタンドなどを傷つける恐れがあります。テレビのスピーカーやセンサー、スイッチなどをふさがないかどうかも大切です。

また、テレビには液晶画面の周囲にフレームがあり、その幅によって取り付けられないこともあります。特定の機種に大きさを合わせた専用製品もありますので、パネルメーカーのホームページを確認してみましょう。

メディアカバーマーケット『ブルーライトカット 液晶保護フィルム』:

出典:Amazon

パナソニックVIERA TH-32F300をはじめ、32インチの液晶テレビで使える液晶保護フィルムです。

素材はアクリル? フィルム?

【エキスパートのコメント】

保護パネルのスタイルには大きく2種類あります。テレビのフレームに透明なアクリル板を引っかけるパネル型と、テレビの液晶画面に貼り付けるフィルム型です。

パネル型は厚さが2~3mmあり、硬くて頑丈なので、子供のおもちゃなどが当たっても大丈夫です。画面の見え方が気になる人はパネルの透過率もチェック。ガラスの透過度は90%なので、これを上回っていれば安心です。

一方、フィルム型は素材も取り付け方も、スマホの保護フィルムと同様。軽くて薄いので、画面に一度貼ってしまえば目立ちません。パネル型と比べて価格も安いのですが、硬いもので液晶が傷つく可能性もあるので注意しましょう。

ロアス『液晶TV用アクリル保護パネルLCG-037AG』:

出典:Amazon

アクリルのパネルを引っ掛けるタイプ。厚さも3.8mmあります。

表面の仕上げは光沢タイプ? アンチグレアタイプ?

【エキスパートのコメント】

パネルやフィルムの表面仕上げには、グレア(光沢)とアンチグレア(ノングレア)の2タイプがあります。

グレアタイプは表面がツヤツヤして見え、発色が良いので色鮮やかな映像を楽しめます。ただし、光を反射しやすいため、暗い場面では部屋の照明や窓の光を反射して見にくくなり、また、指紋が目立ちやすいのも特徴です。暗い部屋で映画などを鑑賞するには最適でしょう。

一方、アンチグレアは表面に光沢を消す処理を行っているため、映り込みを抑えられます。全体に少し白っぽく、落ち着いた色の画面になるため、長時間テレビを観る人におすすめです。逆に鮮やかで精緻な映像を楽しみたい人には向きません。

バッファロー『液晶TV用ガード・ハードタイプ BSTV08H52』:

出典:Amazon

グレアタイプ(光沢タイプ)の保護パネル。暗めの場所での鑑賞に向いています。

安全のために固定方法をチェック!

【エキスパートのコメント】

アクリル製パネルの多くは、テレビの上部に引っかけて取り付けます。特殊な工具は必要なく、横ズレ防止のシールやゴムが付いた製品もあります。しかし、40〜50インチの大型テレビ用で2〜3kgと、大きくなるほど重くなるので、取り付けるときには気をつけてください。特に小さい子供のいる家庭では、地震やぶつかったときに外れないようベルトでしっかり固定できる製品がおすすめです。

一方、フィルム型はスマホの保護フィルムと同じですが、サイズが大きいぶん、位置を合わせたり、気泡が入らないように貼るのが難しいかもしれません。一度貼ってしまえば外れることはないので安心です。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)