ベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズ、14年ぶりとなる単独来日ツアーが決定

ベン・ハーパー率いるベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズが、2020年3月に東名阪でジャパンツアーを開催することが明らかになった。

1993年のデビュー以来、様々なジャンルへの飽くなき追求をアルバムごとに遂げ続けるベン・ハーパー。ありとあらゆるルーツ・ミュージックを消化し、決してブルース、ロック、レゲエなどとカテゴライズする事の出来ない熱き魂の叫びは、彼自身の言葉を借りるまでもなく、真の意味でのソウル(魂)ミュージックだ。

現在に至るまで14枚のスタジオアルバムをリリースし、3度のグラミーを受賞した他、近年では昨年リリースしたアルバム『ノー・マーシー・イン・ディス・ランド』が「Blues Music Awards」のSong of the Yearに輝いた。今年はメイヴィス・ステイプルズの最新作『ウィー・ゲット・バイ』をプロデュースしたことでも話題になった。



そんな彼がオリジナルのイノセント・クリミナルズのメンバー(Leon Mobley : percussion, Juan Nelson : Bass, Oliver Charles : Drums)と2016年の「フジロックフェスティバル」以来4年ぶりに日本の地を踏む。単独ツアーとしては2006年以来実に14年ぶりとなる貴重なステージをお見逃しなく。


<来日公演情報>



Ben Harper & The Innocent Criminals

[大阪]
2020年3月2日(月)BIGCAT
OPEN 19:00/START 20:00
チケット:前売¥8,500

[名古屋]
2020年3月3日(火)名古屋ダイヤモンドホール
OPEN 19:00/START 20:00
チケット:前売¥8,500

[東京]
2020年3月5日(木)豊洲PIT
OPEN 19:00/START 20:00
チケット:前売¥8,500

先⾏予約(東京・名古屋・⼤阪共通)
主催者先⾏:11/5(⽕)12:00 ‒ 11/11(⽉)23:59
https://eplus.jp/benharper/

一般発売日:11月23日(土)