これで「運気アップ」!? 毎朝のトイレ掃除、勝負下着…あなたの「ゲン担ぎ」教えてください!
住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。今回の放送では、“私のゲン担ぎ”をテーマに、全国のリスナーからメッセージを募りました。数多く寄せられた“ゲン担ぎ”のなかから、その一部を紹介します。

※写真はイメージです



◆毎朝のトイレ掃除
私の“ゲン担ぎ”は毎朝のトイレ掃除です。現在の新居に引っ越してきて数年、ほぼ休むことなく続けています。この“ゲン担ぎ”を始めてから、自分自身はもちろん、身近な人にもたくさんの幸せが舞い降りているような気がします。今も運気がアップしていて、最近一番うれしかったのは、某雑誌の懸賞で大好きなアーティストの直筆サインが当たったことです。(34歳・女性)

◆テストがある日のおかずは……
過去にやっていた“ゲン担ぎ”ですが、中学3年生の頃、テストがある日の朝は、母に頼んで焼き魚とカボチャの煮物を作ってもらっていました。中学2年生の後半のある日、たまたま朝ごはんのおかずがその組み合わせで、そのときのテストの結果がすごく良くて。そこから続けてもらっていました。(24歳・女性)

◆仕事がはかどる“インナー”
重要な仕事があるときの勝負服として、袖に穴があいた服をインナーにしています。もう10年以上ぐらい着ているので、糸もほつれてボロボロなんですが、その服を着ると不思議と仕事がはかどります。ゴールデンウィーク前のめちゃくちゃな進行の仕事も、この服を着て何とか乗り切りました。(38歳・女性)

◆靴下は左足からはく
仕事に行くときや出かけるとき、左足から靴下をはくことです。これをすると、いつも道が空いていて、仕事がうまくいきます。(?歳・男性)

◆物事をするのは、すべて左から
私の“ゲン担ぎ”は、(何かをするときに)左からすることです。アイメイクや靴下をはくのもすべて左から。その昔、切腹するときは“右足から袴をはく”という話を聞いてから、何事もすべて左からするようにしました。(35歳・女性)

◆見積もり書は“手書き”で作る
私は字を書くのが下手です。最近は何でもパソコンを使うので字の下手さが目立たなくていいのですが、お客様の見積もり書を手書きで作ると、仕事が取れるのです。パソコンで見積書を作ると競合に負けることが多々ありますが、手書きのものを提出すると必ず受注できます。どうしても取りたい仕事のときほど、下手な字で一生懸命に手書きしています。(?歳・女性)

あなたには、何か続けている“ゲン担ぎ”はありますか?

【番組概要】
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/